▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

ハイパーVカット ほぼ傷跡が分からない最高級の治療

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

「ハイパーVカット法」を徹底解説

東京スカイクリニックは比較的新興勢力のクリニックです。ですが、中でも最上級のハイパーVカットは傷跡がほとんど残らないスタンダートプランを大きく上回る丁寧な作業が特徴です。

包茎専門クリニックを一発検索!

ハイパーVカット法

東京スカイクリニック

手術時間 30分前後
入院 不要
完治まで 約3週間~4週間で性行為可能
料金 約40万円

特徴

東京スカイクリニックは包茎治療をはじめ、ペニスの悩みを専門にした大手美容クリニックです。
ワンランク上の品質とブランド力を掲げていて、料金は若干高めですが、丁寧な手術や仕上がりに強いこだわりを持っています。

包茎手術は全てマイクロサージェリーを採用。

マイクロサージェリーとは、本来は肉眼では確認できない繊細な作業を顕微鏡越しで行う手術手法で、より高品質で仕上がりがよく、必要最低限のカットで包茎手術を行う事ができるのです。

東京スカイクリニックは包茎手術の種類が「スタンダートカット」「デザインカット」「ハイパーカット」「ハイパーVカット」の4種類があります。

ハイパーVカット法は40万円と高額ではありますが、値談に見合う高い品質や手術跡が気付かれないような仕上がりになる最上級の包茎手術です。

好評意見が多い

当然と言えば当然ですが、ネット上の口コミや評判を見ると非常に評判が良いです。

術法に関する情報が公式ホームページにありますので、スタンダートとデザインの違いは分かるかと思います。
ハイパーカットとハイパーVカットについては、裏筋に当たる部分の包皮をV型カットして性感度を鈍らせないようにするかの違いです。

それでは、スタンダートとハイパーカットの違いについては、どのような違いなのでしょうか?
スタンダートカットの費用は9万円。
ハイパーカットの費用は25万円価格差はかなり大きいです。

電話問い合わせで違いを聞いてみた

公式ホームページにも記載がなかったので、実際に電話をして問い合わせてみました。
その結果、スタンダートカットとデザインカットの違いについては、傷跡について違いが出るとの回答がありました。

どのような手法の違いかを問い合わせした所、当院の医師がお客様の状況に合わせて、最適かつ丁寧・手間暇をかけて、素人が見たら一切分からないくらい高い品質で傷跡を誤魔化せる、といった回答で手法については大きな違いは無いようです。

傷口の違いとの回答でしたので、スタンダートは抜糸が必要な糸なのか?といった疑問が出て確認をしてみたのですが、スタンダートでもマイクロサージェリーと溶ける糸を利用した品質の高い手術を行っているとの事。

ただし、傷口をじっくり見られると、どうしても通常の方法の手術では傷口が残ってしまいます。
それ以外は大きな違いはなく、価格が安いスタンダートやデザインカットを勧めていた印象を感じました。

実際には来院して無料カウンセリングを受けてみると、担当の医師からペニスの状況に合わせて推奨する治療方法の提案があります。
東京スカイクリニックは痛くない麻酔へのこだわりや、完全予約&個室制による患者への配慮など接客面でも評判が高く、包茎治療の美容外科の中では新興勢力ながら勢いを伸ばして続々と店舗も増やしている、今注目の男性向けクリニックです。

ハイパーVカットやスタンダートも含めて気になった方は気軽に相談してみると良いでしょう。