▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

40・50代で包茎手術を受ける患者は多く更に拡大の予想

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

年配層の手術が増加している理由

包茎手術=性行為が盛んな若者中心。と連想するかもしれませんが、技術の進歩や老後を見据えた将来性、お金と気持ちの余裕や老人性包茎などの要因から40代以上の患者が急増しています。

包茎専門クリニックを一発検索!

急増する40代・50代患者

包茎に悩みを抱える中高年男性

包茎手術は10代~30代の性行為が盛んな年齢にやるものだと思っている人が多いのではないでしょうか?

ですが、実際には40代・50代から手術を受ける方も多くいます。
従来はそのくらいの年齢になると大半の人が包茎である事を諦めたり、受け入れていましたが最近になり年配層の包茎治療が脚光を浴びているのです。
50代・60代でも現役バリバリだからという方もいれば、精力は衰えたが「威厳の問題」で手術を望む人まで様々です。

技術力の進歩

包茎手術は今でも「恥ずかしい」「高い」「世間体が悪い」のネガティブイメージは払拭しきれていません。

しかし、ここ10年で治療技術は大きく進歩しました。
10年前には主流だった手法も見直され「より綺麗に」「よりリーズナブルに」と続々先進技術が登場し、派生する治療法や手術が増えています。今では包茎手術を専門にしている美容クリニックも増えて男性コンプレックスや羞恥心に対する配慮やサービス面も大きく向上しました。

このような技術力・サービスレベルの向上により「今の技術であれば包茎手術を受けてみたい!」と思う40代・50代が増えてきているのです。

気持ち的な余裕

10代、20代の頃は包茎を深刻に悩んでいても、実際に手術に踏み切るにはお金も掛かるし、術後は運動・性行為ができない制約もネックになります。

彼女がいればその子に対する配慮も必要になりますし、たとえ特定のパートナーがいなくてもいつ訪れるか分からないセックスチャンスの事を考えたり、一緒にお風呂に入りに行く男友達にバレてしまう事やおもしろ半分でネタにされ噂が広まってしまったら…という気持ちが先行して一歩を踏み出せない人もいます。

それが40代以上になると、お金にも余裕がありますし、仮に包茎手術をしても面と向かって馬鹿にしてくる人も少なくなります。
本人もこうした外野の意見を気にしなくなってきます。

性行為をする機会も減れば、家族以外で裸の付き合いをする人も減ってきます。
その結果、40代、50代の人は包茎手術をするか検討を始めると、そのまま手術まで踏み切れる人が多い傾向があります。

ましてや「最近包茎手術をした」こと自体を自虐ネタにして酒のツマミにすることさえ珍しくありません。
若い世代に比べオープンに話す人が多いことから、口コミが広がり同世代の患者が増加しているという説もあるくらいです。

老人性包茎による影響

包茎は一度ズル剥けになれば一生安泰というものではありません。

人の身体は40代になると目に見えて老化してきます。
体力も精力も一部のアスリートを除いて急激に低下していきます。
それだけではなくて身長が縮んできたり、シワが増える。頭が薄くなるなど確実に「おじさん」になった事を実感できる年代です。

老化の中ではペニスにも例外無く老化現象が見られます。
勃起力・精力の低下だけでなく、周りの皮が弛んできたり、ペニス自体が短小に縮んでくるなどしてそれまでズル剥けだった人が包茎になってしまう事も珍しくありません。
その結果、包茎割合だけを見ると20代・30代よりも40代・50代の方が包茎率が高いというのも納得できます。

老後の事を考える

男は何歳になっても「男らしくいたい」「威厳を保ちたい」と思うものです。
特に昭和世代は、最近の若者に比べても肉食的思考を持った人が多いです。

40代以上になれば、一部の人を除いて性行為をする機会は減ってきますので、包茎手術を受ける目的が性行為だけではなくなってくる傾向があります。

それは将来的に「介護される事」を考えるようになるからです。
40代・50代になると老化を身にしみて感じてくるだけではなく、実際に自分の親や身内などで要介護状態に陥った人を見る機会も増えてきます。
この年頃になると若くして闘病生活をしているして病死してしまった人や難病で苦しむ人も周囲で出始めます。

介護を受けている人を身近で見るようになり、自身も歳を取った事を実感すると将来自分が介護をされる側になる時の事を考えてきます。介護されるのは老人ホームのスタッフかもしれないですし、息子の嫁や自身の妻かもしれません。
入浴介助や寝たきりでおむつが必要になった時に介助される時に包茎だと格好悪い、と考えるのは当然です。

遅かれ早かれ大半の人が人生の最後は介護が必要になりますし、実際に介護が必要でなくても歳を取ると肛門や泌尿器をはじめ、陰部を魅せる受診も増えてきます。
まだ身体も動き、包茎手術にも耐えられる体力があるうちに手術をしてみようという40代や50代の人が増えてきているのです。