▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

包茎は病気の原因になる問題を複数抱えています。仮性包茎でもかかりやすい病気とは?

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

包茎と病気との因果関係とは?

包茎は真性包茎、カントン(嵌頓)包茎だけでなく、仮性包茎を含めて病気になるリスクが大きいのは事実。軽度な炎症や性病だけではなく、HIVや陰茎癌、女性の病気の原因など大きな問題へ発展するケースもあります。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎が原因で病気に?

包茎が原因で病気になってしまい頭を抱える男性

包茎が原因で病気になってしまうという噂は本当なのでしょうか?
重要なことなので先に言うと「答えはYES」です。

真性包茎およびカントン(嵌頓)包茎の場合と仮性包茎の場合でそのリスクは大きく変わってきますが、包茎は恥垢(チンカス)が溜まりやすい環境ということに変わりはありません。
言い換えればチンカスにより発生する病原菌が貯まりやすい環境にあります。

結果、包茎は様々な病気の潜在的リスクを抱えていることは医学的にも証明されている紛れもない事実です。

特に毎日の入浴で亀頭の内側の恥垢を洗い流す事ができない真性包茎とカントン(嵌頓)包茎は、病気の発症リスクが非常に高く、健康保険を適応させた包茎手術も認められています。

発症する病気の種類

具体的に包茎が原因では、どのような病気になってしまうのか、症例の多いものを紹介します。

陰茎癌

男性器で発症するガンです。
発症率は非常に低いですが、自覚症状がない病気で、気付いた時には他の部位に転移していて手がつけられない状況になっている事も珍しくありません。
最悪のケースでは生死に関わる重大な病気に発展します。
割礼を行う国では発症率が低いことからも、包茎の人だと陰茎癌になるリスクが高いと言われています。

性病

淋病クラミジアHIVをはじめ全ての性病についての発症リスクが高まります。

これは恥垢だけが関係している問題ではありません。
仮性包茎の人が毎日皮を剥いて恥垢を洗い流していたとしても、病原菌を持っている女性とプレイを行った時には、包茎の人は普段包皮で亀頭が守られている分、抗体が少なく性病にかかる可能性が高いとされています。

包茎ペニスはズル剥けペニスと比べて非常にデリケートなのです。
さらに少しでも、病原菌を残した状態の時間があると皮で密閉された亀頭内は病原菌が一気に繁殖する絶好の環境です。

性病は種類にもよりますが、病気持ちの人と性行為を行えば必ず感染するものではありませんし、女性が病気を持っていなかったとしても、性行為が原因で発症することもあります。
仮性包茎の場合であっても、性病にかかりやすいのは間違いない事実だと言い切れます。

炎症

包茎が原因による炎症は主に「亀頭包皮炎」「ケーラー紅色肥厚症」が多いです。
それぞれ恥垢(チンカス)が原因によるものです。
その他、亀頭の表皮が弱い為傷が付きやすく、包皮で覆われてしまうと、傷口に入り込んだ殺菌が悪化して炎症や膿を起こします。

恥垢については、射精をしなくても発生する物ですし、思春期や20代、30代の若い世代の人は年に数回は、お酒を飲んだり夜遊びをして、汗をたくさんかいた状態でお風呂に入らずに寝てしまう事もありますよね。
仮性包茎の人でも、こうした生活のちょっとした乱れが原因で、炎症をおこしてしまう可能性が高いのです。
恥垢は毎日洗う事も大切ですが、包茎を治療して根本的に恥垢が溜まったり菌が繁殖しにくい状況を作る事が大切です。

女性が病気に感染する事も

恥垢は目に見える汚れですが、性行為を行う前にシャワーで洗ったとしても目に見えない細菌は残っているものです。
包茎の男性の場合は日常的に細菌がいる状態が続いているので、知らず知らずのうちに最低限の免疫力を付けていて、多少の菌が亀頭に付着しても病気に発展しないケースが多いです。

しかし、こうした男性とセックスを行った女性は男性に比べて免疫力を持っていないので、病気に発症する可能性を秘めているのです。
包茎は自分自身の為だけではなくてパートナーの為にもしっかり治療する必要があるのです。

また、一部では包茎の男性との性行為が女性の子宮がんの原因になるといった噂もありますが、子宮がんについては包茎男性との性行為による直接の因果関係がない事が証明されています。

包茎のリスクは真摯に受け止めよう

このように包茎は様々な病気の原因になるリスクがあります。
軽度の炎症や性病程度であればまだ良いのですが、最悪陰茎ガンやHIVに感染したり、性行為をしたパートナーに迷惑をかけてしまうこともあります。

仮性包茎だから大丈夫。
自分自身がこれまでに病気になった事がないから大丈夫。
などと簡単に考えるのではなく、万が一のことを考えて、しっかり包茎と向き合って治療や手術を検討してみましょう。