▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

仮性包茎は治療に対して緊急性はありませんが、治療を受けるメリットは大きいです。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

仮性包茎⇒ズル剥けになるメリット

「包茎と早漏って関係あるの?」「女の子から見てぶっちゃけどうなんだろう」「仮性なら放置でもいいんでしょ…」など、世の中に出回る噂の真相を探ります。

包茎専門クリニックを一発検索!

仮性包茎なら治療の必要性は無し?

包茎最大の問題点は、亀頭やカリに溜まるチンカスの影響による衛生面です。
真性包茎やカントン包茎であれば、すぐに治療を受ける必要性が高いですが、仮性包茎程度であれば治療しない人もたくさんいます。

実際に日本人の7割前後は仮性包茎と言われていて、仮性包茎である事自体は決して珍しい事ではありません。

仮性包茎であれば、毎日の入浴時などに自分で包皮を剥いて恥垢を綺麗に洗い流す事ができます。
こうした洗浄をしっかりしていれば、仮性包茎は日常生活で大きな支障はありませんし、治療をしなくても良いと考えている人が多数派です。
このページでは仮性包茎における治療の必要性をお話します。

海外では認められつつある仮性包茎

近年、アメリカを中心に仮性包茎に対しての考え方が変わり、日本でいう仮性包茎にあたるナチュラルペニスはそれが正常だという考えも増えてきました。

宗教的観念などで幼少期に割礼をした人でも大人になってから、あえてナチュラルペニス手術をして仮性包茎にするケースもあるくらいです。

ズル剥けをあえて仮性包茎に戻す事に対しては、実質メリットはほとんどありません。
これは日本人が包茎に対してコンプレックスを持っているのとは逆で、外国人の一部はズル剥けの亀頭に対してコンプレックスを抱いている人がいるからです。
ペニスのサイズが大きい欧米人でも半数以上の人が仮性包茎です。
多数派の状態である仮性包茎が当たり前だと思う人も一部はいるようです。

しかし、日本国内においては仮性包茎に対しての悪いイメージは変わっていません。
日本人の心理や包茎に対してのイメージで考えれば、今もこの先もズル剥けの方がステータスが高いと言い切れます。

仮性包茎でも衛生面に問題有

仮性包茎であっても、恥垢が溜まりやすいことや亀頭の表皮が弱く免疫力がなく性病や炎症の発症リスクが大きいことは紛れもない事実です。医学的に実証されている問題点も多く、仮性包茎治療にもメリットは大くあります。

最近では40代や50代で包茎手術をする人も増えてきています。
包茎は手術で一度ズル剥けの状態に持っていく事ができれば、その後は治療の必要はありません。
コンプレックスや衛生面、病気に不安を抱えている人は、早いうちに治療に取り組むに越したことはありません。

仮性包茎は治療を行うべきか?

仮性包茎の場合は、健康保険も適応外になりますし、専門の美容クリニックを利用すると高額な治療費が必要になります。
仮性包茎であれば、治療に緊急性はありませんし、実際に治療しなくても多くの人は、その後大きな問題に発展する事はありません。

それでも、日本人の包茎に対しての悪いイメージや、実際にコンプレックスを抱いている人の比率、そして包茎からズル剥けにステップアップした時の様々な相乗効果や衛生面でのリスク回避を考えれば、包茎治療に取り組む事は総じて効果的と評価できます。

考え方や価値観は人それぞれで、全員が必ず治療をするべき問題ではありませんが、悩みや不安を抱えている人は、実際に治療する事で無用なストレスから開放され思いっきり性生活を満喫できることを考えれば必要なステップと言えるでしょう。