▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

「いつか」手術をするのであれば1日も早い方がいいのは言うまでもありません。性交のチャンスはいつ訪れるかわからないのですから!

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

前立腺ガン予防やペニス成長のために…

ペニスの成長と前立腺ガンの予防効果を考えると、若いうちに包茎手術をした方が良く、見た目改善のためなら若いうちでなくとも大丈夫です。

包茎専門クリニックを一発検索!

手術は若いうちがよい?

若い男性イメージ画像

包茎を改善する方法として、亀頭を覆う皮の一部を切る包茎手術があります。
包茎手術を決断するまでには、長い時間がかかるものです。
しかし、包茎手術を受けるタイミングはいつでも良いというわけではありません。

もちろん、何歳になっても手術を受けることはできますが、若いうち、それもできれば、二次性徴期の早い段階で、かつ、初めての性行為より前に手術をする方がメリットは多くあります。

たとえば、ペニスの成長は二次性徴期の始まりである10歳前後から20歳頃までに起きます。
この時、包茎であることが原因でペニスが十分に成長(伸長)しなかったり、亀頭が大きくならないことがあると言われています。
また、この期間より後はペニスが成長しないとも言われているので、ペニスや亀頭の十分な成長を考慮すると、なるべく早い段階での手術が望まれます。

特に痒みや痛み、違和感がある場合は、性感染症にかかっている可能性が高いため早めの手術が必要です。

つまり、友達など性行為をしない相手であれば、包茎であっても気にすることはありませが、彼氏や旦那であれば他人事ではなくなるため、嫌悪感を表します。

次に、初めての性行為前が良い理由ですが、ある調査によると、包茎が前立腺ガンになる原因と関係があるという報告がされています。そして、初めての性行為前に割礼(ペニス周りの余分な皮を除去)すると、前立腺ガンの予防に一定の効果があるとされています。
そして、初めての性行為後では、割礼をした人と自然体の人で前立腺ガンの発症率に差がないことも報告されています。
よって、前立腺ガンの予防という観点から、初めての性行為前の包茎手術をお勧めします。

ここまで述べてきたタイミングは、真性包茎やカントン包茎の人が包茎手術をすることを想定した場合の話です。
仮性包茎の人が見た目改善のために行う包茎手術は、ペニスの成長とは関係ないため、好きなタイミングで手術をしてかまいません。

ただ、いつかは包茎手術をするのであれば、傷の治りが早い若いうちが良いと思います。