▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

包茎手術の年間手術者数は10万人~15万人程と推測

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

本当の年間手術件数は?

包茎手術は保険適用で年間2,300件弱の数値データがありますが、実際には保険適用外の美容クリニックでの手術が大多数を占めています。大手の上野クリニックでは年間実績1万件以上など、毎年全国で多くの人が手術を受けています。

包茎専門クリニックを一発検索!

年間の手術件数

包茎の年間手術件数を計算する電卓と結果グラフ

年間何人くらいが包茎手術をしているのか?

手術を受けようか検討している人から見れば、意外と気になる情報だと思います。

現在包茎手術の大半は健康保険を利用しない実費負担で、美容クリニックにおける手術が一般的です。
保険適用外の手術件数は公表している美容クリニックが少なく、結論から言うと正確な年間手術数は不明です。

ですが、各院の公表実績や店舗数などを元に独自の推測値を導き出してみました。

保険適応手術は年間2,287件

包茎手術の件数をリサーチしている中で、年間約2,300件と発表している情報を見つけました。
全国の年間件数で見れば、そんなハズはない。と思うくらい少ない数字です。

この数字はおそらく、病院の泌尿器科で行われた保険適用の手術件数です。
平成25年度に全国泌尿器科で行われた包茎手術の件数が2,258件というデータがあるので、おおよそ一致します。

包茎手術は真性包茎やカントン(嵌頓)包茎に限り保険適用で手術を受ける事もできますが、実際には仮性包茎に比べて圧倒的に少ない重度の包茎である事や泌尿器科の保険手術は古い手法で仕上がりがツートンカラーになるデメリットもある為需要はそれほど多くありません。

この数字だけ見ると1日平均で6人しか受けていない計算になるので、あくまでも保険診療に限定した数字と理解できます。

当サイトが予想する包茎手術の年間件数

保険診療の手術件数は年間2,258件、大手上野クリニックでは10,000件を超えています。
当サイトでも紹介している通り、この他にも大手美容クリニックは多数あり、小規模病院も数え切れない程あります。

中には包茎専門ではない他の美容関係を本業にしている美容クリニックが例外的に包茎手術を行うケースもあります。
こうした事情を考慮すれば、少なく見積もっても包茎手術の年間件数は全国累計で10万件を超えているのではないかと思われます。

近年では広告やネットの口コミ情報で、評判が良い所に患者が集中している傾向があります。
9割方は大手クリニック関連で行われているため、年間数件の小規模クリニックや準大手でも年間数百件程度しか受けていないことを考慮していくと、20万件を超えている事は考えづらく年間で10万件~15万件くらいで推移しているものと考えます。

仮に10万件だった場合で1日あたり273人が包茎手術を受けている計算になります。

これを47都道県で割ると5.8件。
東京などの大都市では毎日複数人の患者が来店する有名店が多数ある事を考えれば非常に現実的な数値でしょう。

ここでいう年間件数はあくまでも当サイト独自の見解ですが、現実的な数字と自信を持っています。
つまりは、毎日300人近くが「露茎男子」としてデビューしていてなんら特殊な話ではありません。