▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

医師に全て任せず、治療手法と相場は事前に把握しよう

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

治療法と料金相場を事前にチェック!

包茎手術には様々な方法があります。手術自体はそれほど時間もかからないですが、医師の腕や手法によって仕上がりや完成度が大きく変わります。包茎手術では安ければ良いというものではなく、しっかりと目的に合った治療法を探しましょう。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎手術の手法と相場

包茎治療の料金を説明する電卓とお金

包茎にコンプレックスを抱えている男性はたくさんいますし、当サイトを閲覧しているということは真剣に包茎手術を検討している方も多いはずです。
ひとえに包茎手術と言ってもいくつかの種類がありますし、料金プランもクリニック毎に多種多様です。

包茎手術は医学的にはそこまで難しいものではありませんが、クリニックやプランにより仕上がりや傷跡の処理に大きな違いが出てきます。
また、包茎は人には相談しづらい悩みの一つでしっかりとした知識や下調べが無いまま手術を受けてしまう人も少なくありません。

一部の悪質クリニックでは患者側の知識不足をいいことに、症状に関係なく自分の所ですぐにできる手術のみを提案したり、相場よりも高い手術代を請求する、いわゆる悪徳商法紛いな治療が日常的に行われているのも事実です。

包茎手術を検討している方はまず、手法と適性相場を理解して、善良な運営を行っている病院・クリニックに相談するようにしましょう。

包茎手術は保険適用になるの?

結論を言えば、包茎手術も保険診療が適用されるケースがありますが、真性包茎とカントン(嵌頓)包茎のみと極一部に限られます。
仮性包茎は自分で皮を剥けば、洗う事もできるので日常生活に支障がないという解釈で保険適用外になります。

また、真性包茎やカントン包茎の保険適用手術の場合は主に「背面切開術」または「環状切開術」が行われることになります。

保険適用定番の「環状切開術」

環状切開術は包茎手術の中でも昔ながらの最もポピュラーな手法です。
医療用語で言うと難しく聞こえるかもしれないですが、簡単に言ってしまえば余っている皮を切り落として、ズル剥けの状態で切り端の皮を縫い付ける方法です。

以前は縫った後が目立つというデメリットもありましたが、最近では抜糸をしない溶ける糸を使う事で傷口も目立たないように手術する事ができます。

保険診療が適用になった場合の診療報酬は2,040点なので約2万円程度。自己負担金は7千円程度です。
実際は初診料・再診料・処方代などが合わさり、4万円前後の費用となるのが一般的です。

また、仮性包茎の方が包茎クリニックで手術を行う場合の相場は10万円前後(自費治療)となっています。
跡が残りにくく、抜糸の必要もない吸収糸を使うと3万円程度のプラス費用がかかりますので、予算重視なら10万円以下の基本料金を目安に探すと相場より安く治療できる可能性が高いです。

逆に、自由診療で相場からかけ離れた格安手術を謳ったクリニックは落とし穴が無いかしっかり注意しましょう。

環状切開術は、保険診療手術にもなっている通り「見栄えよりも、日常生活に支障をきたす包茎を治す」という為の物です。
仕上がりを重視した手法では無いので、手術後がクッキリ残り、根元と先端で色が違うツートンカラー状態になってしまう可能性があるので、クリニックに対しては仕上がり具合をしっかり確認しておきましょう。

最大のメリットは手術代が安いので金銭的負担が少なく済む点ですね。

保険診療では少数派の「背面切開術」

背面切開術は皮の被り方が軽度の場合に用いられる術法です。
保険適用になるケースもありますが、真性包茎やカントン包茎の中でも特殊な皮の被り方をしていて、一部の皮を切り落とせば解決する事が予想される場合に選ばれる程度です。

背面切開術は軽度の仮性包茎の人が自由診療でよく利用する方法でもあります。

陰茎背面の皮膚を縦切開してから横方向に縫合する事で、皮の縦方向の距離が短くなり、被っている皮を短くして亀頭を露出させるという方法で、皮膚を切る量が少ないので、安くて回復も早い利点があります。
保険適用の場合の診療点数は740点で環状切開術と比較して3分の1強の費用で済みます。

ただし、保険適用外のクリニックでは環状切開術と同等の料金設定にしているケースが多いです。
手術手法から別名「バックカット」とも呼ばれていて、包茎を治す事自体は難しくないですが、腕の良い医師がやらないと術後に腫れ上がったり、皮のバランスが崩れて、全体のバランスや見栄えが悪くなってしまうリスクもあります。

仮性包茎向けの定番「亀頭直下埋没法」

クリニックで保険適用外の実費負担手術で一番多いのが亀頭直下埋没法です。
余分になっている部分の皮を切り落として、縫合をカリの部分で行います。

余っている皮の部分を包皮と言い、包皮の内側の粘膜状の部分は、包皮内板といいます。
皮内板を切取ってカリの部分で切った箇所を縫合する事で傷跡を目立たなくしてツートンカラーになる事も防ぎます。

手法自体は環状切開術と似ていますが、性行為時に手術跡や見栄えを悪くさせないように配慮されたのが亀頭直下埋没法で不動の人気を誇ります。
価格は環状切開術と同等に10万円前後でやっている所が多く、保険診療を行わないクリニックはこの手法を中心にしている所が多いです。

先端を切らない「根部環状切除術」

一般的な切る手術による包茎治療は先端の亀頭付近の皮を削ぎ落としたり、メスを入れるのが一般的です。
しかし、先端の包皮カットは高い技術力が必要で、未熟な医師では最悪失敗する恐れもありますし、メスの精度が悪ければ先端の包皮は性感帯でもあるので感度が悪くなってしまうデメリットもあります。

そこで近年注目度が高まっているのが、先端付近にはメスは入れずに付け根部分に皮膚を手繰り寄せてから切除する「根部環状切除術」です。これにより常に皮が根元に引っ張られた短い状態になり、ズル剥けになる仕組みです。
開口部が狭かったり、皮を手繰り寄せる程ペニス自体が大きくないなど、重度の包茎の人にはできない手法で軽度の仮性包茎向けと言えます。

皮を手繰り寄せて切除するので傷跡は残りますが、根元は陰毛があるので結果的に仕上がりが自然で傷跡も目立ちません。
包皮内板を切らないので、性感が落ちないメリットもあります。
手術後も一切感度を落とすこと無くセックスライフを楽しむという意味でも軽度の包茎なら推奨したい手法です。

手術自体は難しくなく30分程度の日帰り手術でできます。
費用は他の切る手術と同等の設定になっていることが多く10万円前後です。
腫れがひくのは若干遅く完全に完治するのに2~3ヶ月掛かることもあります。

長さアップにもなる「埋没陰茎矯正術」

簡単に言えば、身体の中に埋まっているペニスを引っ張り出す手術です。
ペニスの根元にメスを入れて、埋没している部分を引っ張り出して糸で固定します。

皮がたくさん余っている重度の包茎の人はこの手術を行っても、ペニスが長くはなりますが包茎は改善されません。
軽度の包茎であればペニスが長くなった相乗効果で包茎からも脱却できる仕組みです。

ニュアンス的には包茎手術ではなくて、ペニス増大手術で間接的に包茎治療効果がある方法です。
扱っているクリニックは少ないので、事前に取り扱いを確認しておくとよいでしょう。
費用はクリニックにより幅があり7万円~17万円程が相場です。

裏筋性感帯を残す「Vカット小帯温存法」

これは環状切開術や亀頭直下埋没法の応用編で、名前の通り先端の余った皮を切る時にV字型にカットして性感帯の裏筋部分を残します。
見た目も包茎手術をしたと気づかれにくい自然な完成型となります。

手術には高度な技術が必要で各種包茎手術のオプション扱いになっている事がほとんどです。
費用の目安は通常の環状切開術や亀頭直下埋没法の10万円前後の費用にプラスして5万円~8万円のオプション料が目安です。

他にも多数ある包茎治療法

包茎治療や手術は近年多様化が進み、現在は非常に多くの種類もありますし、一部クリニックが独自開発した治療法もあります。
各クリニックの最新治療法代表例は次の通りです。

クリニック独自の最新治療法

ABC式(CSカット・Sカット・カントン包茎Sカット・真性包茎Sカット)

ハイパーVカット(東京スカイクリニック)

亀頭直下ダブルVカット法(コムロ美容外科)

皐月式マイクロVカット法(皐月形成クリニック)

皐月式マイクロ法(皐月形成クリニック)

切らない包茎手術

最近では「切らない包茎手術」「切らない包茎治療」というワードをよく見かけます。
ここまで紹介している包茎手術の種類は一般的に切る手術ですが、切らない手術にも種類はいくつかあり、クリニックごとで独自の名称を付けています。

切らない手術に共通して言える事は、
費用が安い(相場は3万円~5万円程度)、日帰り手術で、当日からシャワーなど日常生活を送れる、軽度の仮性包茎のみに有効で深刻な仮性包茎では効果が薄いとなります。

深刻な仮性包茎で悩んでいる人が、切らなくても手軽に包茎手術できると興味を持つケースも多いですが、あくまでも軽度な人に対して効果がある手法で、包茎治療全体で見ても利用者の少ないマイナーカテゴリーになります。

代表的な切らない手術の方法の一例を紹介します。

亀頭増大手術

その名の通り亀頭を増大させて皮を被せにくくします。
方法はアクアミド・バイオアルカミド・ヒアルロン酸などの人体に無害な薬剤をカリや亀頭部分に注入をして物理的に大きく増大させます。

ナチュラルピーリング法(ノンカット法)

以前は切らない手術の主流でもありました。
医療用の糸を使い根元部分に皮を引っ張って剥いた状態にして、仮性包茎の状態から自然に皮を被ろうとする皮膚が戻る動きを止めてしまいます。
しかし、時間が経つと糸が切れて元に戻ってしまう事や見た目が悪い事から、近年では取り扱い自体をやめるクリニックも多いあまりお奨めできない手法です。

接着剤固定法

その名の通り、仮性包茎の皮を剥いた状態で専用の接着剤で皮を固定をしてズル剥け状態で固めて癖を付ける方法です。
接着剤は人体に無害ですが、粘着効力は限られていて時間が経つと戻ってしまうことも多いので、余り皮が多い人ではまず恒久的な効果はありません。
こちらも一時期は一部の病院、クリニックで扱われていましたが近年では取り扱いを中止にするクリニックが多い方法です。
軽度の仮性包茎で、一度剥いてしまえばある程度の時間平常時でも皮が戻ってこない人には有効です。