▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

遺伝との直接的な関係性は低くその他要因が大きく影響

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

父親が包茎だと、子供も包茎…?

包茎は遺伝要素も若干ありますが、基本的には遺伝やサイズではなく、幼少期から思春期にかけてどのような努力をして、栄養を摂ったかが重要なポイントとされています。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎は遺伝なの?

遺伝と包茎の関係を示すDNA染色体の模型

親父も包茎だからな…

父親も包茎だから、しょうがないなどと諦めている人もたくさんいます。
包茎になる原因はさまざまな要素がありますが、包茎と遺伝は本当に関係のあるものなのでしょうか?
ここでは包茎の「遺伝」についてまとめました。

医学的に包茎遺伝は証明されていない

実際に父親が包茎だと子供も大人になっても包茎のケースは多く見られます。
父親が包茎のケースとズル剥けのケースを比較した場合、少なからず父親が包茎であるケースの方が子供も包茎になる可能性が高いのは事実でしょう。
しかし、包茎と遺伝についての関係性は医学的には証明されていない根拠の無い話なのです。

それでは何故、父親が包茎だと子供も包茎になる可能性が高いのか?
それは包茎ではなくペニスのサイズが遺伝している事が考えられています。

ペニスサイズが小さければ必然的に皮が余り、包茎発症率が高くなります。
また、肥満体型が遺伝すれば、ペニス根本部分が下腹部に吸い込まれ結果的に包茎症状になります。

こうした要因から父親が短小包茎だと子供も同じようなサイズになり、結果的に包茎が遺伝した!と短絡的に表現されている可能性が高い。と整理できます。

また根本的に日本人は元々包茎の割合が多いのは事実です。
これには宗教的に海外では割礼(幼少期の包茎手術)が行われていると言う説もありますが、そもそもペニスサイズ自体が欧米人に比べて小さい傾向があります。

包茎は小さい事だけが原因ではない

遺伝によりペニスサイズが小さいことはあり得ます。
これはペニスサイズだけではなくて、身長や体形などが遺伝するのと同じですが、中には両親とも低身長なのに子供だけ高身長に育つことがあるようにペニスサイズも100%遺伝するとは限りません。

「包茎と遺伝が関係ない」と言われるのは、ペニスサイズが小さかったとしても必ず包茎になる訳ではないからです。
小さくてもズル剥けの人はたくさんいますし、包茎になる要因はどのような環境で育っていくかの方がよほど重要なのです。

こうした背景から医学的には包茎と遺伝は関係ないと言われています。

具体的にはペニスサイズが小さくても思春期の早い時期から皮を剥く努力をしたり、少しずつお風呂のお湯で鍛えたり亀頭の表皮を鍛えてあげる事でズル剥けの状態に育て上げる事ができます。
その他、カルシウムや亜鉛などのペニスに必要な栄養素をしっかり摂ってあげる事や、若いうちからオナニーなど余計な射精の回数を増やしすぎる事なく、亀頭が育ちやすい環境を作ってあげる事も大切です。

真性包茎・カントン包茎は遺伝の要素がさらに少ない

仮性包茎はペニスのサイズも重要な原因ですが、真性包茎とカントン包茎は遺伝要素やサイズは関係ありません。
どちらも包皮の開口部が狭いとなりやすい特性はありますが、思春期から適切に剥く努力をしたかどうかに掛かってきます。

真性包茎やカントン包茎の人の共通点は中高生の頃に包皮を剥く努力を怠っていた人が多く、カントン包茎の人は少しずつ剥いていく行為を飛ばして一気に強引に剥いてしまった事が原因になることがあります。
もちろん体質によって剥けやすい人とそうでない人、包皮の開口部が狭い人や固着しやすい人もいますが、極度の包茎は若いうちの努力に左右されるものが多いです。
成人してから重度の包茎に対して自身で対処するのはあまりにリスクが高いので20歳を超えても真性包茎やカントン包茎状態から抜け出せない人は無茶な行動はせずに医療機関に相談するようにしましょう。

包茎と遺伝の関係まとめ

包茎と遺伝は全く関係ないとは言い切れませんが、医学的に証明されていない事からも包茎の遺伝性は低いでしょう。
遺伝要素よりも、若い頃の適切な努力や食事・オナニー習慣に起因する可能性の方が遥かに大きいのです。
現代日本の包茎治療技術は世界でもトップレベルです。仮に父親が包茎でも決して諦めずに脱却する方法を考えましょう!