サイズが遺伝した結果、包茎になると考えられています。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン
周辺検索

父親が包茎だと、子供も包茎になる?

包茎に遺伝性があるのかを調査してみました。包茎の遺伝は医学的には証明されていませんが、ペニスのサイズは遺伝すると考えられています。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎は遺伝なの?

遺伝と包茎の関係を示すDNA染色体の模型

親父も包茎だからな…

と、親も包茎だから自分が包茎なのは仕方がないと諦めている人もいるのではないでしょうか。
包茎になる原因はさまざまなですが、包茎と遺伝は本当に関係のあるものなのでしょうか?
ここでは包茎の遺伝的要素についてまとめました。

包茎の遺伝は証明されていない

実際に、父親が包茎だと子供も包茎というケースは多いようです。
しかし、包茎と遺伝についての関係性は医学的には証明されていない根拠の無い話なのです。

それでは何故、親子そろって包茎のケースが多いのでしょうか。
それは、包茎ではなくペニスのサイズが遺伝している事が考えられています。

ペニスのサイズが小さければ必然的に皮が余り、包茎になる確率が高くなります。
また、肥満体型が遺伝すれば、ペニス根本部分が下腹部に吸い込まれ結果的に埋没包茎にもなります。

こうした要因から、父親が短小だと子供も同じようなサイズになり、結果的に「包茎が遺伝した」と短絡的に表現されている場合が多いと考えられます。

また、日本人はもともと包茎の割合が多いのは事実です。
海外では割礼(幼少期の包茎手術)の文化が残っているということも影響しているとは思いますが、そもそも日本人はペニスのサイズ自体が欧米人に比べて小さい傾向があります。

包茎は小さい事だけが原因ではない

ペニスのサイズが遺伝することは充分にあり得ます。
しかし、ペニスのサイズが小さかったとしても必ず包茎になるわけではありません。

小さくても剥けている男性も多いですし、逆にペニスが大きくてもそれ以上に包皮が余っていたり包皮口が狭かったりすれば包茎になります。
こうした背景から、医学的には包茎と遺伝は関係ないと言われています。

なお、両親とも低身長なのに子供だけ高身長に育つことがあるようにペニスのサイズも必ず遺伝するとは限りません。
父親のペニスが小さい場合でも、子供が大きなサイズに成長することは充分に考えらます。

短小で悩んでいる思春期の男性へ

とは言え、「大きさ」と「包茎」の間に関係がないとは言えません。 ペニスのサイズが小さくてお悩みの男性の中には「このまま一生小さいままで包茎だったらどうしよう」と不安になっている方も多いでしょう。

先にお断りしておきますが、自力で劇的な効果が出る増大法は存在しません。そんな方法があれば、専門クリニックの増大治療がここまで普及することはなかったでしょう。
しかし、ペニスの成長が止まっていない10代のうちは、少しでも短小を解消するためにできる努力はあります。

具体的には、思春期の早い時期から皮を剥く努力をしたり、少しずつお風呂のお湯で鍛えたり亀頭の表皮を鍛えてあげる事でペニスの成長を促すことができます。
その他、カルシウムや亜鉛などのペニスに必要な栄養素をしっかり摂ることも大切です。
自力でできる範囲には限界があるでしょうが、それでもこれらの訓練は一定の効果があると専門家の間でも考えられています。

しかし、上記はあくまでペニスの成長が止まっていない10代の男性へ向けた話です。
例えば成人してから増大サプリを摂取しても効果はほぼ期待できないと考えてください。 包茎や短小にお悩みの大人の方は、自力でどうにかしようとせず専門クリニックを受診してみてください。

まとめ

ガッツポーズをする包茎治療の専門医師

全く関係ないとは言い切れません。しかし、包茎と遺伝の関係性は小さいでしょう。
日本の包茎治療技術は世界でもトップレベルです。
仮に父親が包茎でも諦めずに、脱却する方法を考えましょう。