包茎ペニスに対してのネガティブな印象の理由とは

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン
周辺検索

女子が内に秘める本当の気持ち

賛否両論ありますが、少なくても包茎ペニスとズル剥けペニスを比較すれば、包茎の方が印象が良くないのは事実。言葉や態度では気にしない素振りを見せていても実際には不満を抱いている女性がいるようです。

包茎専門クリニックを一発検索!

女性から見た包茎

彼氏に不満そうな女性

包茎か否かが重要になってくるのは、やはり性行為の時です。
実際、女性から見た包茎とはどういった印象なのでしょうか。

普段は聞けない女子の本音をご紹介していきます。

女性は包茎に対する認識度が高い

女性は包茎についてあまり詳しく知らないのでは?

と甘い考えを抱く男性もいます。
しかし、現実は少し違うようです。

実は、女性も包茎に対しての知識量は男性とほぼ変わらないくらいに持っています。
中学生の時には保健の授業でペニスについて教わりますし、多くの女性は実物よりも先に漫画などで男性器の絵を目にします。

男性が思春期の時に女性の身体の仕組みなどを友達同士で話しているように、女性もこうした大人になる為の情報を収集しているものです。
男性の大半が仮性包茎という事も知っていれば、カリが小さいこと、衛生面のデメリットがあることは当たり前のように理解していると考えてください。

ただ、常識がある女性であれば、セックスをする相手が包茎である事に気付いても、気を遣って包茎に関しては触れないようにしてくれます。
包茎について何も言わない女性が多いのは、包茎について知識がないのではなく触れないでいてくれるだけなのです。

女性からみた真性包茎とカントン包茎

スウェットの袖

包茎の中でも、女性が対応に困るのは真性包茎やカントン包茎の男性と初めてベッドインしたときです。

敢えて言いますが、真性包茎やカントン包茎のまま性行為に臨む男性は多くありません。
これら重度の包茎でも性行為は不可能ではありません。
しかし女性からすれば、滅多に遭遇しない珍しいペニスになります。女性が気を遣うのは必然でしょう。

剥いたら痛がるかな…


激しく動いたら痛むのかもしれない…

女性はこのように、男性の痛みを気にしながら行為に臨まなければならなくなります。

さらに中には、「重度の包茎=不衛生」と考える女性もいます。自分の身体に入れることに抵抗がある場合、女性はどのような行動をとるでしょうか。
考え得るのは、我慢して受け入れるか、言葉を尽くして穏便に断るかでしょう。
重度の包茎だからと言って罵られたり、雑に拒まれたりというのはほぼありません。しかし、女性の精神面に大きな負担をかけることになるのです。

いずれにせよ、「真性包茎・カントン包茎でも全然問題なし」と考える女性はごく稀です。
治療せずに放置しておく以上、何らかの形で女性側に負荷はかかると考えてください。

仮性包茎は気にする?

タートルネックを着た女性

女性から見た包茎の印象は、包茎ではないズル剥けのペニスを知っているか否かによって変わってきます。

ズル剥けのペニスを知らない女性の場合は、仮性包茎であれば大きな抵抗はないようです。
比較対象がないので当然と言えば当然ですが、“男性の7割は包茎”ということを知っていればそこまで気にしない女性が多いでしょう。

しかし、包茎ではない男性との経験が豊富な女性の中には、仮性包茎でも不満を持つ方が一定数いることも事実のようです。
考えられる主な理由は以下の点です。

刺激が弱い

包茎のペニスは亀頭が小さく、カリが平坦なので、過去に経験したペニスと比較されて物足りないと思われてしまう可能性があります。
カリは膣内を刺激する上で重要な役割を担っているので、亀頭が成長していないとシンプルに刺激が足りず、女性が充分に満足できないケースもあるでしょう。

ニオイが気になる

仮性包茎は包皮を剥くことができるとはいえ、亀頭部分が常に包皮により密閉されているため、細菌が繁殖しやすいく悪臭が発生しやすいです。
悪臭を放つ性器が好印象を持たれないのは当然ですね。

避妊具が気になる

勃起しても包皮が余ってしまう仮性包茎の場合、コンドームが膣内で擦れてしまい、女性が感覚に集中できないというデメリットもあります。
コンドームがフィットするのは、勃起した際に包皮が余らないペニスのみです。

セックスの満足度はペニスの状態で決定されるものではありませんが、非包茎のペニスの方が女性が満足する確率は高いでしょう。
愛情を求めない一晩限りの関係なら、これらのデメリットはなおさら顕著に表れます。

子供に包茎治療をさせるケースも

昔から、子供が幼少期~小学生の若いうちに包茎治療を受けさせるという話はあります。
なお、子供の包茎治療に関しては、大多数が母親側の要望で行われていると言われています。
これは女性心理として、やはり包茎に対しての印象が良くないことの証でもあります。

付き合っている男性や結婚した旦那に対しては、大人になってから出会った事もあり「包茎手術してよ」などとストレートには言えませんし、性行為を行う際も女性自身が我慢をすれば済む話です。
ただ、実際には口に出さないだけで、「不衛生」「病気になりやすい」などネガティブなイメージを持っているからこそ、自分の子供にはそうなってほしくないと思い子供の包茎治療に踏み切る母親がいるのも現状です。

付き合っている男性が仮性包茎だった場合に、その事を理由に別れようと思う女性は少数派です。
しかし、実際の女性からの意見を集めてみると「包茎のまま放置するのと包茎手術を受ける事のどちらがよいか?」という問いに対しては「衛生的にも包茎手術を受けた方が良い」と答える女性が多数派になります。

女性の本音

男性に本音を打ち明ける女性

このような背景から、女性目線での包茎に対する考え方をまとめると

真性包茎・カントン包茎はセックスの時に困る


仮性包茎が気になるかどうかは個人差がある


衛生面のネガティブなイメージは根強い


包茎だから別れるとかはないけど、できれば治してほしい

となります。
もちろん気にしない女性も中にはいますが、包茎がセックスライフや恋愛関係に与える影響は無視できないものと言えそうです。

まとめ

実際の女性の意見を踏まえ、女性から見た包茎についてまとめました。

真性包茎やカントン包茎の場合はお早めの治療をおすすめしますが、仮性包茎の場合は治療の緊急性はありません。
日常生活に支障がなく、パートナーが気にしないと本気で言ってくれているならば、治療の必要性もないでしょう。
しかし、これからパートナーを探す方にとっては、包茎治療は検討の余地があるのではないでしょうか。

包茎治療の専門クリニックでは、無料のカウンセリングを行っています。
まずは医師の目線から見た包茎の程度と、治療に際しての具体的な手順や費用を把握しておいてはいかがでしょうか。

実際に手術するかは別問題として、自身の症状レベルを知ることが改善への第一歩です。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン