▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

各術法の仕組みを理解し、現実的な期待値を理解しましょう。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

効果の無いペニス治療に騙されるな!

効果の無い治療は、切らない包茎手術・亀頭増大術・長茎術の3つに多いです。効果の出ない要因はペニスの状態にあっていない治療をしたり、医師の腕や注入する材料に問題があるからです。

包茎専門クリニックを一発検索!

効果が薄い性器治療

ペニス増大、長茎などを扱う包茎治療院(メンズクリニック)は基本的に保険適用外の自費診療になります。
施術メニューは数万円~数十万円。なかには複数の施術をセットにして100万円以上の治療を受ける方もいます。

包茎手術だけではなく、亀頭増大術や長茎術なども行えば必ず理想的なペニスになるとは限りません。
高額な費用をかけた結果、効果を感じられない(すぐに効果が切れる)トラブル事例も多数あります。



効果の無いトラブルの多い施術

切らない包茎手術
亀頭増大術
長茎術

上記3つの施術メニューは効果が出ないケースがあります。
治療やクリニック選びは慎重に検討しましょう。

切らない包茎手術とは

一般的な包茎手術は包皮をカットします。
仕上がりの良し悪しはありますが、ほぼ確実に包茎を治すことができて一切効果を感じられないことはありません。
ただし、カットする包皮のデザインを間違えると、施術前よりかは亀頭の露出する部分は多くなっても、一部の皮が残って軽微な仮性包茎くらいにしかならないこともあるので注意しましょう。

効果の無いトラブルで多いのは切らない包茎手術です。
通常の包茎手術は麻酔や術後に痛みを伴いますが、切らない包茎手術であれば痛みのリスクはほとんどなく、自然に剥けたような仕上がりになるメリットがあります。

一般的な手法は皮を剥いた状態にして、包皮と竿を医療用の接着剤か糸で固定します。
接着剤や糸の効果はいずれなくなりますが、一定期間むけた状態を維持することによって、クセを付けて包茎を治す仕組みです。主に仮性包茎の方に限定した施術メニューで、仮性包茎の中でも軽微であと少しで露茎になる状態の方に適しています。

ただし、治療を受ければ必ず通常時では皮を被らない状態にクセが付くとは限らず、接着剤や糸の効果が切れるとペニスの状態も元通りの包茎になってしまうことがあります。
一般的な切らない包茎手術の相場は3万円~10万円で、切る包茎手術よりも安いですが、長期的に見て一切効果が出ない場合もあります。

切らない包茎手術で失敗しないポイントは次の通りです。

軽微な仮性包茎であれば切らない包茎手術による治療は期待しないこと
切らない包茎手術の症例数が多いところを利用する
まずはお試しで切らない包茎手術をしてみましょう(ダメなら切る手術を検討してください)と説明してくるクリニックは施術全体の信頼性に欠ける

また、簡易的な切らない包茎手術のほかにも、増大術や切らない長茎術の効果で包茎を治す診療メニューを用意しているクリニックもあります。
以下で紹介しているとおり、増大術や長茎術も効果のないトラブル事例がある施術メニューで、ペニスのサイズが改善されても包茎は治らないケースもあります。

亀頭増大術とは

包茎の原因のひとつは亀頭が小さいことです。
包茎に悩んでいる人は亀頭にもコンプレックスを持っている方が多く、性行為をするときに女性側の満足度を大きく左右する部位でもあります。

クリニックで行う亀頭増大術は主に注入系で代表的なのはヒアルロン酸注入です。
注射で亀頭にヒアルロン酸などを注入することによって施術直後は確実に亀頭のサイズアップができます。

ヒアルロン酸イメージ画像

また、亀頭ではなく竿に注入することでペニス全体を太くする施術メニューを用意しているケースもあります。
ただし通常のヒアルロン酸はもともと身体に含まれている成分なので、時間とともに体内で吸収してしまい元のサイズに戻ってしまいます。
最近では、粒子が大きく体内に吸収しにくいヒアルロン酸系素材や一切体内に吸収されない樹脂製素材を使った、長期間持続もしくは永久持続する亀頭増大術も普及しています。

まず、単価の安い通常のヒアルロン酸注入の亀頭増大術は持続期間が限られていることを理解しましょう。
持続性が高いものや永久持続を売りにしていても注入治療を行う医師の腕や使う材料の質が悪いと短期間で効果が消えてしまう場合もあるので注意しましょう。

亀頭増大術は施術方法が注射で注入するだけで簡単なため、ほぼ全ての包茎治療院(メンズクリニック)で扱っています。
ただし、クリニックによって品質や持続性に大きな違いがあるので、安さだけではなく評判が良くて品質や効果の表記内容に信頼できるクリニックを見極めて治療を受けましょう。

長茎術とは

長茎術にもいくつかの手法がありますが、一般的なものは、ペニスの根元に埋没している部分を引っ張り出します。
引っ張る方法もメスを入れて切る方法と、切らずに引っ張って固定する方法もあります。

ペニス系の施術の中でも難易度が高く治療費用も高額です。
まず、腕の良い医師に担当してもらわないと、切る手術を利用したとしても満足の行く効果を得られないケースがあります。

また、長茎術は通常時のサイズを大きくするもので勃起時のサイズはあまり変わりません。
ペニスは勃起すると埋没している部分が出てくる仕組みで、長茎術は通常時は隠れる部分を引っ張り出すことで長くさせます。
勃起時のサイズが全く変わらないとは言い切れませんが、変わったとしても効果は1~2cm程度で限定的です。



まとめ

包茎手術、増大術、長茎術はそれぞれにメリット・デメリットがあり、しっかり説明してくれないクリニックや、医師の腕や注入する材料の質が悪くて期待している効果を得られないことがあります。

効果を得られないトラブルが発生する施術メニューは限られていますが、どのような治療を受けるにしてもクリニックや医師の評判や信頼性をリサーチして治療を受けるクリニックを選ぶことが大切です。
効果の出にくい治療でも腕の良い医師であれば説明通り満足のいく効果を得られます。