▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

コンプレックス、痛みや仕上がりに対する不安に漬け込む悪徳手段

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

ローン提案があったら要注意!

高額ローンを組んで押し売りしてくるクリニックでは、ペニスや性行為にコンプレックスを抱える弱い人間心理を利用して、常識的に考えるとありえない高額治療のローンを組ませて即日手術へと誘導しています。

包茎専門クリニックを一発検索!

押し売り・高額ローン

逃げ場を無くす卑劣な押し売り

毎年国民生活センターには多数の包茎手術をめぐる金銭トラブルの相談が寄せられています。
金銭トラブルの手口の大半は高額ローンを組ませての押し売りです。
ボッタクリ行為を行っているところは医師の腕も悪いので医療ミスも起こりやすいです。

金銭トラブルのデータや事例については以下のページで詳しく紹介しています。

包茎手術をめぐる金銭トラブルは、ホームページや広告で10万円前後と明記している料金を予算にして無料カウンセリングや初期診療に訪れた患者に、追加料金や高額な増大術・長茎術を売りつけてローンを組ませて強引に即日手術や契約を行います。

お金のない未成年者やフリーターなども相手にして、そんな簡単に100万円以上の契約で手術を決めるなんて常識的には考えられないですよね?
実際に包茎クリニックのカウンセリングルームでは、どんなやり取りが繰り広げられているのでしょうか?
高額ローンを組ませて押し売りする悪質クリニックの闇を暴き、手口と実態を紹介します。



人間心理を利用した脅しと誘惑

言葉巧みに誘導する医師のイメージ

包茎手術をする人は、衛生面の問題を深刻に悩んでいるというよりかは、ペニスに対してコンプレックスを抱いているものです。ただ、皮を剥くだけではなく、仕上がりの見栄えを重視される方が多いです。

また、包茎手術は痛みに対しての不安を抱えるものです。
押し売りするクリニックは、お金をかければ見栄えもよくなって痛みも少なくなる説明をして高額な施術プランを押し売りしています。

症例写真を見せる

無料カウンセリングでは過去の症例写真を提示されます。
ホームページに記載している基本料金のプランの施術例と高額プランの施術例の写真を複数用意して、お金をかければこれだけ綺麗なペニスになると説明します。

悪質クリニックの場合は、基本料金のプランでは失敗事例の症例写真を見せて不安心理を煽り、高額な施術プランへ誘導してきます。
安いプランにすると、結局見た目が悪くなって修正術をする人が多いので、最初からグレードの高い包茎手術を受けた方が結果的にお得になるという内容が、よくある営業トークです。

痛みで不安心理を煽る

ペニスは神経が多いので痛みに敏感な部位です。
麻酔時の痛みと術後の痛みがありますが、それぞれオプションを追加すれば痛みが少なくなると説明してきます。

オプションの完全無痛麻酔をしないと、相当な痛みがあると脅してきたり、ペニス増大術でヒアルロン酸注入をすれば術後の痛みが緩和されるといった説明です。
オプションを付けないなら痛みに耐える覚悟をするように脅してきたり、術後の日常生活に支障が出ると説明してきます。

セックスでの快感で誘惑する

男性の欲望の中でも性欲は大きいです。
特に10代後半~20代の方はセックスに対しての執着心が高く、性行為を目的に包茎手術を受ける方が多いです。
また、包茎治療を受ける患者は、ペニスにコンプレックスを抱えていて、それまでセックスの経験が豊富ではない方が多いです。

こうした性欲を利用した人間心理につけこんで、増大術と長茎術をすれば驚く程女性の満足度が上がってセックスをできるチャンスが増えると説明してきます。
お金をかけて包茎手術や増大術をすれば、風俗に行かなくても一般女性とセックスをたくさんできるようになるのでお得とか、長い人生で女性関係が充実すれば価格相応の価値を感じられると誘惑してきます。

また、悪質クリニックのカウンセラーは、ペニスにコンプレックスを抱えている男性に対して、今のサイズのままだと女性からは嫌われるので2回目はないなどと患者を馬鹿にして精神状態を不安定にさせようとする手法も使ってきます。
専門家に脅されると不安が大きくなって、誇示表現した術後のセックスライフを夢見て高額プランを契約してしまいます。

介護される場合の不安を煽る

包茎手術の詐欺被害では、10代、20代の若者に並んで、30代以上の中高年の被害も多いです。
特に独身男性であれば、200万円以上の高額プランを売り込まれるリスクが高いので注意しましょう。
中高年の場合はセックスのことよりも、将来介護を受ける時に包茎だと羞恥心が大きいと脅されます。

包茎手術を受けると、直近のセックスや大衆浴場での問題解決だけではなく、将来介護士にペニスを見られても恥ずかしくないようにするために、見栄えも良い高額プランを提案されやすいので注意しましょう。

医療ローンは通りやすい

全ての医療ローンの審査が通りやすいわけではないですが、悪質クリニックは信販会社と良好な関係を築いていることが多く、本来であれば無茶なローンの組み方でも簡単に審査が通ります。
実際に未成年者や学生、フリーターなどが100万円以上の高額ローンを組まされることも多いですし、被害者の年齢層が若いのは、まだ世間を知らない人が多いからです。

100万円のローンを組んだ場合、月々の支払い額は36回でおよそ3万円、60回でおよそ1万8千円です。
包茎手術を受けるために現金払いで10万円~15万円の予算を用意していた若者は、手元に現金を残して月々2~3万円を月賦で払うのであれば、大きな損失に感じません。

特に学生や新社会人などは、これから収入も上がるし包茎手術は若いうちにやっておいた方が有利などと説明してきます。
また、高額な医療ローンの審査に通ると、いま手術を受けないのはもったいない。
他のクリニックではローン審査に通らないと説明するなど、高額ローンを利用できることをアピールして高額な包茎手術を今すぐ受けるように斡旋してきます。

完全防音のカウンセリングルームは逃げにくい

包茎クリニックはプライバシーを配慮して完全防音のカウンセリングルームや、完全予約制で他の患者と顔を合わすことはなく、会話も聞かれないような環境を用意しています。
しかし、悪質クリニックから見れば、患者の逃げ場のない空間になります。
カウンセリングには医師が同席することもありますし、そこでどんどん脅されていくと不安心理が拡大していき、断りにくくなる雰囲気になります。

さらに、患者は診療や状態確認で下半身を露出している状態です。
そこで現在のペニスの悪口を言われると、手術や契約を断ることも勇気がいります。

もちろん、悪質クリニックでもカウンセリングだけで断って帰る人もいますが、その場の雰囲気に流されて契約、即手術に踏み切ってしまう方が多いです。
無料カウンセラーや医師は人間心理を網羅したマニュアルに基づいて、無料カウンセリングのお客を逃がさない話術を持っています。
悪質クリニックでカウンセリングだけ受けて帰る行為はかなりハードルが高いです。