軽度の仮性包茎程度なら器具や日々の努力で改善できる?

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン
周辺検索

自宅でできる包茎治療特集

手術自体に抵抗を感じている人は多く、より自然な方法で治したいという需要が多いのも確かです。このようなニーズに答えられる商品やお金をかけずにできる治療法をまとめてみました。

包茎専門クリニックを一発検索!

手術以外の道

包茎治療としてのサプリメント

包茎を治療したいけど、手術をするのは嫌だ…

包茎手術はお金・痛み・術後の生活への支障など様々な不安があり、抵抗を感じる人も少なくありません。
また、手術で解決しても「包茎手術をした」という事実を周囲に隠したいと考える男性もいることと思います。
周囲に知られたくない。自力で包茎を解決したいと思う人も一定数いるでしょう。

「手術はしたくないけど、この皮なんとかならないかな…」
と悩んでいるのであれば、いきなり手術するのではなく、手術以外の方法から始めてみるのも一つの手です。

包茎を手術以外で治す方法には、

①包茎端正器具の利用
②包茎改善マッサージ
③精力剤・ペニス増強剤の服用
④生活習慣の見直し

などが挙げられます。
ここでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットを簡単に紹介していきます。

包茎端正器具の利用

最近では、ネットで手軽に様々な包茎端正器具を購入できるようになりました。
代表的なのはリング式のもので、皮を剥いた状態で固定させる商品が多いです。

また、人体に無害な接着剤や、根元から引っ張るものまで色々な商品が出ています。
とにかく皮が剥けた状態で、戻らないように固定させてクセをつけようという原理ですね。
こちらは、もともと皮を剥けばある程度は平常時でも剥けた状態を維持できるなど軽度の包茎の人には効果的です。

他にも、亀頭に当たる部分に硬めの麻を使用して、刺激を与えて鍛える“包茎矯正下着”など、軽度の仮性包茎なら効果が期待できるアイテムがあります。
いずれにしても、セルフ治療で効果を出すには毎日継続する日々の努力が必要と言えます。

包茎改善マッサージ

実際にマッサージだけで包茎が改善された例は少ないですが、マッサージしないよりはした方がいいと考えられています。
なお、マッサージ単体では目に見える効果が期待できないので、他の治療法と併せて行う事をおすすめします。

方法は、まず皮を剥いて亀頭に刺激を与えるように自分の手でマッサージをしていきます。
ポイントは亀頭中心に行う事と、毎日継続する事です。
亀頭周辺に刺激があれば、どんどん亀頭が強くなり皮が剥けた状態で維持しやすくなると言われています。

なお、女性とのセックスを繰り返す事も包茎改善マッサージの1種です。
自分の手で自慰行為をする何倍も大きな刺激が加わり、その瞬間に大量の男性ホルモンが分泌されるのでより効果が高まります。

精力剤・ペニス増強剤

いわゆるペニス増大系サプリメントを服用する事で包茎を解決しようというものです。
まず、ハッキリ言っておくとサプリには直接包茎を治療する効果はありません。
しかし、サプリを服用し続ける事でペニスや亀頭、勃起時のサイズが大きくなり、結果として皮の余りが少なくなり包茎が改善されるという理論です。

日本人は包茎と短小の両方で悩んでいる人が多いですが、1ヶ月服用する場合の相場は5千円~1万円程度で、短期間で効果を実感できるかは不明です。

本当に効果があったとしてサプリメントで増大するのは良く見積もって数ミリです。
包茎がこれだけで治るとは到底考えられませんので、あまり遠回りをせず専門クリニックに相談した方が費用的にも安上がりになるでしょう。
また、副作用や特殊な動物性タンパク質のアレルギーのリスクもあるので服用して異常を感じたらすぐに継続を辞めて医師に相談しましょう。

生活習慣の見直し

漠然とした説明になってしまいますが、毎日の生活習慣を見直す事はとても重要です。
精力剤は、継続すれば数万円単位の費用がかかるので、無理に導入しなくてもいいでしょう。
規則正しい時間に、栄養も考えて偏らないように食事を取るだけでも精力剤同等の効果が期待できます。

さらに、ドラッグストアなどで数百円程度で売っている亜鉛サプリメントを服用したり、スタミナ料理と言われる滋養強壮に効果がある物を積極的に食べるなど、精力アップに心がけるとより効果的です。

毎日の入浴で亀頭を洗う時には少しずつ力を加えてあげたり、マッサージを併用する、剥いて間もない人はお湯をかけて刺激を与えるなど、無理のない範囲で少しずつ改善させていきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
多くのサイトや雑誌で紹介されている方法を紹介しました。 しかし、これらのセルフ治療方法は全く効果がないわけではないでしょうが、根本的な解決には至りません。

軽度の仮性包茎程度なら試してみる価値はありますが、深刻な症状でしたら専門クリニックへ相談しましょう。