包茎手術の痛みは?|麻酔時・術後・勃起時の傾向と対処
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

切る手術はどうしても痛みがあるが躊躇するほどでもない

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

痛みの程度や恐怖の真実とは?

包茎手術は麻酔時の痛みを軽減する「無痛麻酔オプション」はありますが、少なくとも麻酔が切れた直後は痛みを感じます。細胞が集中しているペニスの皮を切除する包茎治療では多少の痛みは覚悟する必要があります。それでも多くの人が「手術をして良かった」と答えているのには理由があります。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎手術の痛みは?

包茎治療の痛みに不安を感じる男性

包茎手術は痛いの?

これは一番多い質問でもあり、手術をする上で大きな不安材料であることは間違いありません。
手術費用や世間体ではなく、痛みやメスを入れること自体への恐怖が理由で包茎手術を躊躇している人は少なくないでしょう。

包茎手術は痛いのか?
この質問には一概に答えられず「痛みがある方法もあれば、ほとんど痛みがない方法もある」のが事実です。
包茎手術にも様々な種類や方法がありますので、当ページでは手術種別毎の痛みにフォーカスして解説します。

痛みの感じ方は個人差がありますが、治療前の心の準備として参考にして頂けたらと思います。

切る手術は痛みがある

クリニック治療の大半はこの"切る手術"に該当します。
一般的な切る手術は、細胞が集中しているペニスの一部を切除するので、当然痛みがあります。

問題は痛みの度合いです。
手術の内容や個人差によって変わってきますが、術後しばらくは多少の痛みと違和感が続きます。

麻酔の痛みはお金で解決できる

包茎手術では部分的に麻酔を打ちますが、その麻酔注射も神経細胞が集中している所に針を刺すので、なかなかの痛みを感じます。

しかし、この麻酔注射はやり方次第では無痛にする事ができます。
クリニックによって方法は様々ですが、塗麻酔から徐々に局部に麻酔をかけていく段階麻酔マスク麻酔(ガス麻酔)点滴麻酔で寝ている間に手術を完了させる方法もあります。

いずれも麻酔注射の痛みからは開放されますが、当然オプション料金がかかってきます。
無痛麻酔の相場は5万円前後になり、決して安いとは言えません。

オプションは注射の痛みは無くとも、術後に麻酔が切れた時の痛みを軽減することはできません。
通常プランでも麻酔が効いてしまえば術中の痛みはないので「どうしても注射が苦手」という方に推奨するオプションです。

麻酔注射の痛みは極短時間なので耐える覚悟をするか、数万円を出してでも痛くない道を取るかは患者次第です。
実際に手術を受ける方を見ていると「一瞬の痛みに数万円の費用を出すなら、ワンランク上のプランで手術したい」と考える人が多いようです。

手術当日は痛みがある

包茎手術の痛みで最も大変な思いをするのが、手術当日の麻酔切れ直後です。
大体、術後2~3時間で麻酔が切れて徐々に痛みを感じるようになります。

皮とはいえ、細胞が集中している局部の一部を切断している訳ですので、ある程度の痛みはやむを得ません。
外傷的な痛みなので1日経てば耐えられる範囲まで引いていきその後は日を追うごとに痛みは収まっていきます。
できれば手術翌日は仕事や予定を入れず、安静にできるようスケジューリングしておくと安心です。

無痛治療に積極的な医院

例えば、全国31箇所でクリニックを構える「東京ノーストクリニック」では、比較的軽症の包茎で適応できる"切らない手術"やシール麻酔による"無針麻酔"と痛みの少ない治療に力を入れています。
唯でさえ不安な包茎手術ですので、痛みに配慮してくれる姿勢はとてもありがたいですよね。
東京ノーストクリニックの公式HPでは最新の治療法から無針麻酔についてまで説明があるので、是非参考にしてみてください。

医師の腕によって変わる痛み

包茎手術は術法により、切除部位が変わるため痛みもまちまちですが、医師の腕によっても大きく変わってきます。
皮にメスを入れ再び縫合させるので、最小限の切断+スムーズな作業が出来るか否かが痛みに直結します。

万が一、執刀医の腕が悪いと痛みが増すだけでなく、手術跡も汚く残ってしまう可能性があります。

こうしたリスクもあるので、万全を期してできるだけ評判の良いクリニック・医師を選んで手術してもらう事が大切なのです。
信頼できる医師やクリニックを選んだ方が対価に合う仕事をしてくれますし、術後の満足感が違います。

また、大手クリニックのように実績豊富な病院を選べば、下手な手術に当たる確率はグッと下がります。
献血の注射をイメージしてもらえればわかりますが、医療行為の良し悪しは経験がものを言います。
1日何百人も注射をしている看護師は町の病院で週に数回献血する程度の人より遥かにスムーズで痛みも少ないですよね。
包茎手術に関しても同じ事が言え、年に数百本も皮を剥いてる医師なら安心感も桁違いです。

勃起をすれば当然痛い

勃起状態ではペニスが増大して皮が伸びるので、手術直後には当然大きな痛みを感じます。
通常時に痛みを感じないくらいに回復をしても勃起すれば痛みを感じる期間が続きます。

勃起させない事が理想ですが、若い人であれば意思に反して勃起してしまう事もあります。
包茎手術と痛みについてだけ言えば、ある程度性欲をコントロールできるようになった成人男性の方が有利かもしれませんね。

実際に包茎手術をした人の声

包茎手術をした人の話を聞いてみると術後も含めて痛みを一切感じなかったという人は少ないです。
しかし、包茎は大きなコンプレックスを抱えていた人も多く、そのコンプレックスを克服できる事を考えれば「余裕で耐えられる範囲だ!」と答える人が大多数です。

全体的に見て2割くらいの人は激痛だったと答えますが、中には翌日には痛みをほとんど感じなくなった思ったよりも痛くなかったと答えている人もいます。
どれほどの痛みが何日間続くかは、個人差や執刀医の腕、手術の方法によって変わってきますが、一度手術をしてしまえば何年も悩んでいた包茎コンプレックスを克服できる事を考えれば、痛みという問題はそれほど大きな弊害にはなりません。

多少の痛みは覚悟しつつも、是非その恐怖に打ち勝って積極的に包茎手術に挑戦しましょう。
「数日の痛み」と「一生の後悔」どちらを優先するかは言わずもがなですよね。