彼氏や旦那さんにやんわりと包茎を指摘する方法を教えます。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン
周辺検索

【女性向け記事】パートナーの包茎を指摘する方法

プライドを傷つけずにパートナーの包茎を指摘するのは非常に難しいので、セックスの快感を理由にしたり病気のリスクを伝えたりするのが有効です。

包茎専門クリニックを一発検索!

彼氏の包茎を指摘したい

彼女が悩んでいるイメージ画像

男のプライドを考慮した上手な言い方

包茎は男性だけの問題ではありません。
彼氏や旦那さんの包茎に頭を悩ませている女性は決して少なくないのです。
男性の気持ちを考えると包茎が嫌だとは言えず、我慢し続けるのもつらいと言うのが心情でしょう。

仮性包茎であれば、きれいに洗えば気にならないという女性も多くいます。
しかし、真性包茎やカントン包茎は性交の際に支障がでるため、手術での治療が必要です。
パートナーが真性包茎やカントン包茎であるならば、早めの包茎手術を促したほうが良いでしょう。

とは言え、面と向かって伝えると男性のプライドを傷つけてしまいかねません。
そこで今回は、男性のプライドを守りつつ包茎手術を促す方法をいくつかまとめてみました。

セックスの快感を高めるために

包茎手術を受けると男性のセックスの快感が増すと言われています。
いうまでもなく、男性の性感帯は包皮ではなく亀頭部分です。
亀頭が露出されて刺激を受けることで、セックスの快感をより感じやすくなります。
挿入時に最大限快感を得るには、余分な包皮はないほうがいいのです。

この事実を踏まえて、彼氏や旦那に包茎手術をしたら「セックスの快感が高まるらしい」と伝えてみましょう。
包茎がイヤだからではなく、あくまでもパートナー、そして自分がより気持ちよくなれるように望むのが大事です。
男性は包茎を指摘されると少なからず傷付きますが、お互いの快感を高めるという名目があれば手術への抵抗感も薄まります。
仮性包茎の男性にも有効な手段なので覚えておきましょう。

病気のリスクを減らす

包茎だとどうしても通気性が悪くなり、恥垢が溜まりやすくなってしまいます。
亀頭に雑菌が繁殖している状態で性交を行うと、女性側に膣炎や外陰炎といった炎症が発症する例もあります。
不衛生なペニスは、男性だけではなく女性側にもリスクが生まれるので要注意です。

また包茎の場合、包茎じゃない男性と比較して性感染症のリスクが高まると言われています。
仮性包茎であっても普段からお風呂できれいに洗っていれば問題はありませんが、包茎手術を受けた方が清潔なことは確かです。

これらの病気はどちらかの問題ではなく、セックスを行う男女両方の課題です。
包茎手術を促す理由としては至極当然であり、男性のプライドを傷つける心配もないのでしょう。

ペニスが大きくなるかも

「ペニスが大きくなるかもしれない」、そうした言葉で男性を説得するのもありです。
ただし、こちらは男性の性格によっては怒りを買ってしまう恐れもあります。
特に小さいサイズの男性は真剣に悩んでいる場合が多いので気を付けてください。

しかし、ペニスをより成長させるために包茎手術は役立つ可能性があります。
常に亀頭が露出している状態になるので、下着に擦れる時間が増えます。
そうすると、亀頭が刺激を受けて成長するケースがあると言われています。

ペニスを大きくしたい男性であれば心惹かれる提案になるかもしれません。
あるいは、女性側から大きくなったペニスが欲しいとおねだりしてみるのも良いでしょう。
伝え方が大事になりますが、男性に手術を受けさせるきっかけになることは十分にあります。

まとめ

ベッドで手をつなぐカップル

女性がダイレクトにペニスへの不満を口にしてしまうと、男性との関係が悪化してしまう可能性があります。
デリケートな問題は、お相手の気持ちを傷つけない言い方を選ぶべきです。
ご紹介した通り、「包茎が改善されるとお互いにメリットがある」といった方向性で指摘するのが最善でしょう。
良好な関係性のままで、パートナーが治療を決心されることを祈っております。