▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

子宮がんリスクを伝えて男性側の理解を得る方法もあります。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

男性側メリットも強調してみる

彼氏の包茎を指摘するのは非常に難しいので、セックスの快感を理由にしたり性病のリスクを伝えたりするのが良いです。

包茎専門クリニックを一発検索!

彼氏の包茎を指摘したい

彼女が悩んでいるイメージ画像

男のプライドを考慮した上手な言い方

包茎の問題は何も男性だけのものではありません。
彼氏や旦那の包茎に悩みを抱えている女性は決して少なく無いのです。

男性の気持ちを考えると包茎が嫌だとは言えず、我慢し続けるのもつらいと言うのが心情でしょう。
仮性包茎であれば、きれいに洗えば気にならないという女性も多く居ます。

しかし、真性包茎やカントン包茎は立派な病気なので手術での治療が必要です。
彼氏や旦那が真性包茎やカントン包茎であるならば、一刻も早く包茎手術を促してください。

とは言え、面と向かって伝えると男性のプライドを傷つけてしまいかねません。
男性の性格によっては激怒する恐れすらあるでしょう。
そこで、男性のプライドを守りつつ包茎手術を促す方法をいくつかまとめてみました。

セックスの快感を高めるために

男性が包茎手術を受けるとセックスの快感が増すと言われています。
亀頭が露出されて刺激を受けることで、セックスの快感をより感じやすくなるのです。
包茎で亀頭が隠されていると刺激に敏感になり、強い刺激を受けると痛みを感じてしまうケースもあります。
挿入時に最大限快感を得るには包茎手術を受ける方が良いのです。

この事実を踏まえて、彼氏や旦那に包茎手術をしたらセックスの快感が高まるらしい、と伝えてみましょう。
包茎がイヤだからではなく、あくまでも彼氏や旦那がより気持ちよくなれるように望むのが大事です。
男性は包茎を指摘されると少なからず傷付きますが、快感を高めるという名目があれば手術への抵抗感も薄まります。
仮性包茎の男性に有効な手段なので覚えておきましょう。

性病のリスクを減らす

包茎だとどうしても通気性が悪くなり、チンカスが溜まりやすくなってしまいます。
こうなると危険なのが性病のリスクです。
男性だけではなく、セックスを行う女性側にも性病に感染するリスクが生まれるので要注意です。

仮性包茎であっても普段からお風呂できれいに洗っていれば問題がありませんが、包茎手術を受けた方が性病の確率は下がります。一度も性病に掛かったことが無い男性には効果が薄いかもしれません。
ですが、過去に性病になった経験がある男性であれば心に響くものがあるでしょう。

性病はどちらかの問題ではなく、セックスを行う男女両方の課題です。
包茎手術を促す理由としては至極当然であり、男性のプライドを傷つける心配も無いのです。

子宮頸がんのリスクを訴える

子宮頸がんの原因の1つに男性のチンカスが該当しています。
包茎だとどうしてもチンカスが溜まりやすく、清潔に保つのはなかなか大変です。

このチンカスが女性の子宮頸がんの原因の1つで、極めて高いリスクを背負っています。
彼氏にここまでの話をするのは少し重たくなりますが、旦那に対してであれば有効な説得方法になります。
妻の健康を無視する旦那であれば、それこそ離婚すら考えても良いぐらいの問題です。

包茎だと子宮頸がんのリスクが高まることを伝えて、包茎手術を促してみましょう。
病気のリスクを軽減して、お互いが幸せで長生き出来ることを目的にするのです。

ペニスが大きくなるかも

ペニスが大きくなるかもしれない、そうした言葉で男性を説得するのもありです。
ただし、男性の性格によっては怒りを買ってしまうので注意しましょう
特に小さいサイズの男性には禁句なので気を付けてください。

一般的なサイズのペニスを男性であれば、より大きくするのに包茎手術は役立ちます。
常にズル剥けの状態になるので服に擦れる時間が増えます。
そうなると亀頭が刺激を受けて大きく成長するのです。

ペニスを大きくしたい男性であれば心惹かれる提案になるかもしれません。
あるいは、女性側から大きくなったペニスが欲しいとおねだりしてみるのも良いでしょう。
伝え方が大事になりますが、男性に手術を受けさせるきっかけになることは十分にあるのです。