仮性包茎の治療は必ずしも必要ではありませんが、治すメリットは大きいです。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン
周辺検索

仮性包茎の治療の必要性について解説します。

アメリカを中心に海外では仮性包茎の事をナチュラルペニスと呼び、ネガティブなイメージは薄れてきているようです。しかし日本では悪いイメージが根強く、衛生面の事なども踏まえて包茎治療の需要が絶えることは当面の間はなさそうです。

包茎専門クリニックを一発検索!

男性の7割?『仮性包茎』

黒板に描かれた円グラフ

包茎最大の問題点は、亀頭やカリに溜まる恥垢の影響による衛生面です。
真性包茎やカントン包茎であればすぐに治療を受ける必要性が高いですが、仮性包茎の男性は治療しない方も多いです。

仮性包茎であれば、毎日の入浴時などに自分で包皮を剥いて恥垢を綺麗に洗い流す事ができます。
こうした洗浄をしっかりしていれば、仮性包茎は日常生活で大きな支障はありませんし、治療をしなくても良いと考えている人が多数派です。

ではなぜ、仮性包茎の治療を受ける人が今なお後を絶たないのでしょうか?
このページでは、日本人の男性の7割を占めると言われている“仮性包茎”についてお話します。

海外では認められつつある仮性包茎

地球儀

近年、アメリカを中心に仮性包茎に対しての考え方が変わってきており、日本でいう仮性包茎にあたるナチュラルペニスはそれが正常だという考えが一般的になってきました。
宗教的観念などで幼少期に割礼をした人でも、大人になってから敢えてナチュラルペニス手術をして仮性包茎に戻すケースもあるくらいです。

露茎をあえて仮性包茎に戻す事に対しては、実質メリットはほとんどありません。
これは日本人が包茎に対してコンプレックスを持っているのとは逆で、外国人の一部は剥き出しの亀頭に対してコンプレックスを抱いている人がいるからです。
ペニスのサイズが大きい欧米人でも、半数以上の人が仮性包茎です。

しかし、日本国内においては仮性包茎に対しての悪いイメージは変わっていないようです。
変化しづらい日本人の心理を考えれば、国内でナチュラルペニスが流行することは当面考えづらいです。

仮性包茎は治療を行うべきか?

仮性包茎であっても、恥垢が溜まりやすいことや亀頭の表皮が弱く炎症の発症リスクが大きいことは事実です。
そういった見た目の改善以外の観点からも、仮性包茎を治療することのメリットはあると言えます。

また、最近では40代や50代で包茎手術をする人も増えてきています。
「経済的に余裕ができたから」という理由もあるかもしれませんが、近年では介護を受ける立場になったときに手間を掛けさせたくないという理由から仮性包茎を治療する中年男性も増えているそうです。

しかし、仮性包茎の場合は、健康保険も適応外になりますし、専門の美容クリニックを利用すると高額な治療費が必要になります。
仮性包茎であれば、治療に緊急性はありませんし、実際に治療しなくても多くの人は日常生活に支障をきたす事はありません。

考え方や価値観は人それぞれで、仮性包茎の治療は当事者男性の全員が考えるべき問題ではありません。
ただ、悩みや不安を抱えている人は、実際に治療する事で無用なストレスから開放されることを考えれば治療を受けることに意味はあるでしょう。

仮性包茎でも手術を受けるメリット

包茎治療で自信を取り戻した男性

仮性包茎の治療がなぜ人気なのか?
それはもちろん手術を受けるメリットがあるからです。
仮性包茎を治療するかどうかは人それぞれが判断すべき事ですので無理強いする意図はありませんが、包茎を卒業することで得られるメリットにはどのようなものがあるのか、一例をご紹介いたします。

自分に自信が持てる

世界的に見ても日本人は包茎に対してのイメージが非常に悪く、仮性包茎をコンプレックスに感じている男性が多いです。
包茎治療を行えば、ペニスが一皮剥けるだけではなく、精神的にも一皮剥けて人間として成長する事ができるでしょう。

包茎の悩みを抱えていると、大衆浴場に行った時に、包茎じゃない他の男性にペニスを見られているような感覚を抱き、恥ずかしい気持ちになってしまうものです。
また、女性とセックスできるチャンスが訪れても、包茎が理由で自分に自信が持てず、最後のひと押しに至らず見送ってしまうなんていうこともあります。

このように、一度ペニスにコンプレックスを感じてしまうと、実際に露出する機会がなくてもどこかで自分に自信が持てなくなってしまいます。
逆に言えば、治療によりそれまで抱えていた悩みを解決できると、自信へと繋がっていきます。
包茎がコンプレックスで自信を失ってしまっている男性にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

衛生面のメリット

先にも述べたとおり、包茎ペニスの包皮の中は恥垢が溜まりやすいです。
毎日きちんと洗えば問題なさそうに思えるかもしれませんが、包皮の中は常に蒸れている状態なので、常に亀頭が空気にさらされている状態の包茎じゃないペニスに比べて表面に付着した細菌が繁殖しやすい環境になっているのです。

衛生面で考えれば、非包茎のほうがペニスを清潔に保つことができます。
亀頭包皮炎などの発症リスクが減るという意味で、仮性包茎の手術をすることはメリットがあると言えるでしょう。

生活のストレスが緩和される

大衆浴場を利用する際や初めての相手とセックスする時などに、包茎から由来するストレスを感じる男性も多いでしょう。
他にも、排尿時やマスターベーション後の処理の時など、包茎を理由にストレスを感じる機会は多いものです。

包茎の治療をすれば、こういった包茎が原因で生じるストレスから解放されます。
包茎の男性は生まれたときから包茎なので、それが当然のことだと慣れてしまっている方も多いかと思いますが、皮を気にしなくていい生活は肩の荷が降りたような感覚になるはずです。

自分の状態が気になる方へ

包茎の状態が気になる男性

仮性包茎と一口に言っても、ほとんど皮が余ってない方から真性に近い重度な方まで症状は千差万別です。
しかも性器の話題は非常にデリケートですので、他人と比べたり簡単に悩みを打ち明けられるような話ではありません。

そこでお奨めしたいのが、包茎専門クリニックが実施している無料カウンセリングの受診です。
ペニスの症状を専門医の立場から客観的に判断し、治療の必要性や日々のケア方法について見解を聞くのです。

診察の結果、医師目線でも“治療は不要”と判断されれば、悩みは晴れ堂々と生活していくことができますし、仮に軽度の治療が必要と診断されたなら、具体的な治療内容や費用について知ることができます。
包茎手術は一分一秒を争うような緊急性のある治療ではないので、診察結果を真摯に受け止め、一度家に帰りゆっくり検討することもできます。

カウンセリングは大手3医院へ

無料カウンセリングは多くのクリニックで実施していますが、大手3グループ(上野クリニック/ABCクリニック/東京ノーストクリニック)のいずれかで受診することをお奨めします。
なぜなら、施術実績が他のクリニックと比べて圧倒的に多いからです。

施術実績が乏しいクリニックでは、治療の必要有無を的確に判断できないだけでなく、不要な治療を奨められる可能性も否定できません。
その点で、年間数万件の取扱がある大手ではより精度の高い診察が可能と言えるのです。

大手3クリニックを特徴・料金で比較