▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

仮性包茎の場合は保険は効かず実費診療になります

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

保険診療や泌尿器科による手術のデメリット

包茎治療は真性包茎とカントン包茎である事と美容クリニックではなく、病院の泌尿器科である事を条件に健康保険適用で治療・手術をする事ができます。仮性包茎に関しては適用外です。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎手術で保険は効くの?

保険診療が可能な包茎治療を実施する病院と保険証のイラスト

実は専門クリニックでなくても病院の泌尿器科でも包茎手術は可能です。

通常の病院で手術をすれば、健康保険(国民健康保険や社会保険)を使って安く手術ができるのは事実ですが、条件や注意点があります。
ここでは包茎手術と健康保険の関係について紹介ていきます。

適用は真性包茎とカントン包茎のみ

包茎手術のうち、保険適用になるのは日常生活で支障をきたすと認められた場合のみです。
その結果、多くの方が悩みを抱える仮性包茎は保険適用外となります。

皮の内側の亀頭部分に溜まった恥垢(チンカス)の掃除が物理的にできない真性包茎とカントン包茎のみ健康保険適用で治療できる可能性があります。
ただし、保険適用は安いですがデメリットもあり、真性包茎やカントン包茎でもあえて保険適応外の実費手術を選ぶ方も多くいます。
予算との兼ね合いもありますが最善の方法を選択しましょう。

ここから先は、保険適用の可能性がある人についての説明で仮性包茎の人には意味の無い内容になります。

美容クリニックで保険治療は行えない

真性包茎やカントン包茎であれば、どこで治療を受けても保険適用になる訳ではありません。

包茎手術を行える所は病院の泌尿器科美容クリニックに分かれます。
美容クリニック=保険診療NGという決まりがある訳ではありませんが、包茎手術に限って言えば保険診療不可のクリニックがほとんどです。

泌尿器科と比較すれば美容クリニックは無料カウンセリングや土日、夜間対応もしていてサービスの質が良いので利用しやすいですし、美容的要素を含むので最低限の保険治療に比べれば仕上がりも綺麗です。
そのため、費用優先で保険適用を希望するのであれば、通常の泌尿器科を利用する必要があります。

保険適用できる手術は限られている

近年では傷口跡を目立たなくしたり、性感帯である裏筋部分を残す方法など、様々な最新技術やテクニカルな手法を駆使した手術があります。
しかし、包茎を保険適用で治療する場合は「環状切除術」が中心になります。

この方法は簡単に例えると旧式のオーソドックスな手術手法です。
裏筋部分も切り落としてしまうので、感度が悪くなりますし昔ながらの包茎手術の特徴でもあるツートンカラーになってしまうデメリットがあります。

保険適用の場合は包茎手術の方法に選択肢はありませんし、基本的には性行為時の感度問題や見栄えは度外視。健康面で溜まった垢を手軽に洗える状況にする事だけが優先されます。

仕上がりに気を遣うのであれば、保険適用外でも技術力が高い美容クリニック利用を強く推奨します。

保険適用時の手術費用

病院の泌尿器科で健康保険を利用して包茎手術をした、それぞれの手術内容によって診療報酬が決められています。
主流の環状切除術の場合は2,040点です。
実質約2万円の費用で健康保険3割負担でおおよそ7千円程度になります。

これにその他の診察料・術後診療・一部保険外の作業や薬の購入が加わっても高いケースでも総額3万円~4万円の自己負担で収まります。
美容クリニックと比較すれば非常に安いです。
これは保険から7割の補助が受ける事だけではなく、根本的に泌尿器科の包茎手術は簡単な手法が用いられるので単価が安い事も理由になっています。

当サイトでも再三紹介していますが、包茎手術は執刀医の腕や患者の羞恥心への配慮、アフターケアの充実性などが重要安いところを選べばよいという事ではありません。

この説明を聞いても、とにかく安く手術をしたいと思う方は通常病院の泌尿器科で費用優先で手術をしてもらえないか相談してみるとよいでしょう。
保険治療に比べれば単価が高い美容クリニックですが、少々高いお金を払ってでも美容クリニックを選ぶ人が多いのにはそれなりの理由があります。
保険診療のメリット・デメリットをしっかり理解し、今後生涯にわたりお付き合いするペニスのことを真剣に考えた上で慎重に治療法を検討しましょう。