▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

10代~20代であれば、イジメに発展するリスクは高いです。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

包茎によるイジメの実態

包茎だとイジメられるという認識は、包茎の手術を勧めたい商業上の理由から悪いイメージがたくさん流されていることによるものです。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎とイジメ

包茎が原因でイジメに悩む男性

男性ならば自分が包茎かどうか1度は悩んだことがあるかと思います。

排尿や性交に支障をきたすようであれば問題ですが、日常生活に何も支障がなくても、包茎(仮性包茎含む)というと悪いイメージがあるのではないでしょうか。

実際に小学校の高学年頃から少しずつ性的な話題が出るようになり、その中で剥けているかどうかということにも関心が高まります。それくらいの年齢から既に包茎に対する悪いイメージがあり、相手をバカにしたり、からかう意味で“包茎”という言葉が使われているのです。

一般的な包茎に対するイメージとしては、
男性なら“カッコ悪い、痛い、恥ずかしい”女性は“不潔”などがあります。

しかし、子供(10代)のうちは、そこまで深く考えているわけではなく、それまで被っていた皮が剥けることが大人の証と捉え、剥けていない子をからかっているだけの場合がほとんどです。

友達との会話でも包茎かどうかの話題がずっと続くかといえば、そんなことはなく、年齢とともにその手の話題は減っていくものなのです。

それにも関わらず、包茎だとイジメにあうかもしれないと考える人が多いのは、“包茎だとイジメられる”というイメージを植え付けられているからです。

特に思春期に目にするような雑誌では、包茎であるために起きる問題点として、悪いイメージにつながる事象を過大に書き立ててあります。 包茎とはどんな状態か、起こりうる問題や病気との関係などの知識よりも、不安を煽るような情報ばかりが目に入るのです。

なぜ悪いイメージばかり与えるかというと、そうして不安を煽ることで、本来なら手術が必要ない人にまで手術に関心を持たせることができるからです。
つまり、商売のために、必要以上に包茎について悪いイメージを与えているだけなのです。

包茎だからイジメられるということではなく、包茎に関する商業上の経営戦略により、“包茎だとイジメられる“という認識が広まったようです。