▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

子供の包茎治療は昔から様々な理由で積極的に行われてきた歴史があります。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

国内の小児包茎治療の事情

包茎治療は元々幼少期に行う割礼の歴史に由来しており、圧倒的には非常に古いです。現在も幼少期は麻酔を利用できないので、麻酔なしで包皮の先端をハサミで切り落とします。この他、日本の小児科では自力で剥く指導や治療を行っています。

包茎専門クリニックを一発検索!

子供の包茎治療とは

子供の包茎治療

包茎治療は大人だけの物ではありません。子供向けの包茎治療もあります。
世界的に見れば包茎治療は元々は大人ではなくて0歳~3歳までの乳幼児で行う「割礼(割愛)」の方が圧倒的に歴史が古いです。

割礼とは?

割礼とは、主にキリスト教やユダヤ教で宗教的な理由で幼少期に包皮の先端部分を切り落として亀頭を露出させてしまう処置の事です。
現在の包茎治療は、衛生面や見栄え改善が主な目的ですが、宗教的割礼の歴史は紀元前にまで遡っていて、明確な目的ははっきりしていません。
実用面を考えた事というよりは、それぞれの民族が独自の衣装を着たり、耳に大きな穴を開けたり刺青を入れるなどといった、風習の一種とされています。

現在でも、こうした一部の宗教の信者や国や地域によっては、割礼は当たり前のように行われていて、日本国内でも割礼をしている人はいます。

割礼の方法

割礼の方法は至ってシンプルで、ハサミなどを利用して、子供のペニスの包皮を引っ張り、適度の長さで切り落とします。
もちろん子供でもペニスは非常に繊細な物で、割礼などを行う専門医が必ず行っていて、親が勝手に行う事ができません。
子供の割礼の場合はまだ麻酔に耐えられない身体なので、麻酔なしで行います。

こうした影響から、現代でいう小学生に上がったような年齢などではなく、もっと早い幼少期に割礼を行っているようです。

日本における子供の包茎治療

日本国内でも宗教的な観念から幼少期に割礼をする人もいれば、小学校や中学校になって、衛生面や将来を見据えて包茎治療を親の意向で行うケースもあります。
小学生くらいまでの子供は、部分麻酔ができない場合があり、手術をする人は幼稚園~小学校低学年を中心に麻酔なしで行います。
亀頭が炎症を起こすなど、緊急性を要する場合にのみ、全身麻酔などを併用して包茎手術をすることもありますが、基本的には子供の包茎治療は小児泌尿器科が中心で行われています。

子供の場合は、自然に亀頭と包皮が剥離していく事もできる時期ですので、皮を剥くための指導や病院で治療を繰り返しながら剥いていく事も可能です。

手術でなければ、すぐに通常時もズル剥けという訳にはいきませんが、子供のうちから包皮を剥く習慣を付けてあげる事で、亀頭の成長が早く、大人になった時に包茎ではなくなる可能性が高いとされています。
子供の場合は基本的には真性包茎になるので、泌尿器科に行けば保険診療できる範囲も大きいです。

子供の包茎に悩んでいたり将来に不安がある人はまずは、一度医師に相談してみると良いでしょう。
最近では、子供の治療では手術は極力回避して自然治療の手伝いやアドバイスをしている病院が多いようです。