▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

物理的な大きさが変わらなくても露茎することで亀頭部分が存在感を出し、視覚的に大きく見えます。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

「障害物」を取り除き成長させる

包茎がペニスや亀頭の成長を妨げる可能性があり、包茎手術をすることで改善が見込めます。また、見た目の印象から大きく見えます。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎手術で増大するの?

落ち込む男性

子供の頃は小さかったペニスも思春期を迎える頃から徐々に成長し増大していきます。
このとき、包皮輪(皮の先端)が狭かったり、皮と亀頭が癒着していると、ペニスが成長しても亀頭が露出しません。

ここで重要なのは、包茎でもペニスは成長するということです。
そもそも、子供の頃は割礼(余剰な皮を切除する)をしない限り、みんな包茎の状態が普通の状態です。

では、ペニスの大きさと包茎には何の関係もないかというと、そうではなく、真性包茎(亀頭が完全に皮で覆われている)は皮に包まれているため縦方向(長さ)の成長を妨げることがあります。
他にも、亀頭の大きさと包茎にも関係があります。
包茎は、亀頭を覆う皮にガードされて亀頭が大きくなれず先細りのような状態になることがあります。また、皮により締め付けられるため血流が悪くなることが原因とも言われています。

視覚的な効果から、例えペニスの長さが同じでも、亀頭が先細りしていると短く見えるのです。これと同じで、真性包茎は亀頭部分が目立たず、先端に余剰な皮が集まるので先細りの様になり、ペニスが短く見えてしまいます。

どちらも余剰な皮が原因であるため、包茎手術により余剰な皮を切除することで、改善が見込めます。

包茎手術をすることで、ペニスの伸長を妨げるものがなくなる分、多少は長くなり亀頭も成長する可能性があります。
また、実際のペニスの大きさが変わるわけではなくても、視覚的な効果で大きく見えるのです。

ペニスや亀頭の成長は二次性徴期が過ぎると期待できませんので、ペニスの増大のためには包茎手術を早めに行う必要があります。 見た目の印象を変えるためであれば、包茎手術を行う時期に制限はありませんので、ご自分のタイミングで検討されれば良いかと思います。