▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

感染しやすいだけでなく、万が一の感染時に重症化するリスクもあります。

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

包茎ペニスは感染にもデリケート

包茎は亀頭とその周辺を清潔に保つのが難しく、菌も繁殖しやすいことが、性病になりやすい原因になっています。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎と性病の関係

包茎から性病になってしまい悲嘆にくれる男性

包茎とはどんな状態なのか、知っている人はたくさんいらっしゃると思いますが、包茎と性病の関係についてはどうでしょうか。
必ずしも包茎の人が性病にかかるわけではありませんが、正常な場合に比べて、性病になりやすい条件が整っているのです。

包茎の場合、亀頭に皮が被っているため、亀頭と皮の間に老廃物などの汚れが溜まり、不衛生な状態になります。
さらに、外気に触れないため、乾燥せず常に湿った状態になりますので、細菌等の繁殖がしやすい状態になっています。
こうした条件が重なっていることにより、包茎は性病になる可能性が高いのです。

包茎だとかかりやすい性病には、亀頭包皮炎など不衛生なことが原因で発症するものが挙げられます。
こうした病気は、仮性包茎であれば、皮を剥いて丁寧に洗うなど、亀頭部分を清潔に保つことを心がけることで性病を予防することができます。

しかし、真性包茎の場合は、皮を剥くことができないので、亀頭周辺を“洗う”という行為ができません。
このため、真性包茎は病気になりやすく、万が一罹患した場合には、重症化しやすいので注意が必要です。

亀頭包皮炎になると、細菌が尿道に侵入して炎症を起こす尿路感染症という病気を併発することが多いようです。

尿路感染症の発症に亀頭包皮炎との因果関係があるわけではないようですが、不衛生な状態のところには菌も増殖しているため、亀頭の外側と内側の両方で性病が発症するようです。
ウィルスの感染による性病としては、尖圭コンジローム性器クラミジアなども包茎だとかかりやすい病気のひとつに挙げられます。
やはり、包茎による不衛生な状態と、菌が増殖しやすい環境が整っていることが関係しています。

どちらも、保菌者との接触(性交)により感染してしまい、幹部で菌が増殖し病気が発症します。
包茎の場合、痒みや痛みなどの症状が出ないと発見が遅れるため、気が付いた時には病気が広がっている場合もあります。

性病予防は仮性包茎であれば、亀頭を清潔に保つだけで特別な対処は必要ありませんが、真性包茎であれば専門医に相談することを検討してはいかがでしょうか。 いずれにしても、異変を感じた時はすぐに病院を受診することが大切です。