▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン
全国地域別おすすめクリニックを探すボタン・スマホ用

包茎の危険性 軽度から緊急手術や発癌性がある重度まで

全国地域別おすすめクリニックを探すボタン

知れば知るほどデメリットだらけの包茎

包茎であるという事は軽度の仮性包茎も含めて様々なリスクがあります。性病だけではなく不衛生による悪臭や炎症の他、ペニスの成長を妨げたり、イジメの標的にもなり得ます。

包茎専門クリニックを一発検索!

包茎の抱えるリスク

包茎の悩みで泣きそうな男性

カントン包茎でなければ、日常生活で緊急を要する危険性は無く、ひとまずは安心してください。
包茎といえどもしっかり勃起もしますし、実際に性行為をする事もできます。

仮性包茎であれば、お風呂に入った時にしっかり恥垢を洗い流せますし、性行為時は亀頭を露出させる事もできます。
それでも中長期的にみたら包茎を放置しておく事には様々なリスクが付き纏います。

ここでは包茎の抱えるリスクを説明します。

衛生面のリスク

包茎最大のリスクは衛生面です。
常時亀頭に皮が覆いかぶさっている状態ですので、亀頭やカリにチンカス溜まってしまいます。
射精行為をしなくても、男性は少しずつ精分泌液を発生させているので、自然と恥垢は溜まっていきます。

このチンカスがバイ菌を増殖させ、悪臭の原因にもなります。
さらに真性包茎やカントン包茎であれば、日常的に溜まった恥垢を洗う事もできないのでリスクは大幅増加します。
最悪のケースでは陰茎癌に至る可能性もあるので、一日も早く解決するに越したことはありません。

免疫力の低下

包茎ペニスは普段亀頭が皮を被って露出していない分、ズル剥けペニスと比べ亀頭表皮が薄く、弱くて傷つきやすい状態です。
これによりリスクが上がるのが性病です。

淋病をはじめ、クラミジア・梅毒・ヘルペス・コンジローム・HIV・肝炎といった細菌やウイルスは亀頭のちょっとした傷から入り込んできます。

包茎でなければ性病にかからないという訳ではありませんが、包茎とそうでない人を比べるとこれら性病に対する免疫力が全然違います。

性病の疑いがある女性とセックスをしなければ関係ないと思われる方もいますが、性病だけではなく包茎は炎症を起こしてしまうリスクもあるのです。

炎症で最も多いのは亀頭包皮炎と尿路感染症

包茎だと皮膚表面が炎症しやすいのはもちろん、皮により密閉空間ができ、菌にとっては繁殖しやすい環境が整っているのです。
そこから尿道に菌が入り込んでしまうことで炎症や感染症に繋がるのです。

仮性包茎であれば、毎日しっかり皮を剥いて洗ってあげる事でリスクを緩和できますが、真性包茎・カントン包茎の人は少しでも早く病院に行って手術することをお奨めします。
余談ですが、尿道からのウイルス侵入による感染症・炎症は真性包茎状態にある子供にも多いのが特徴です。

ペニスが成長しない

ペニスは遺伝の要素もありますが、身長の成長が止まってもペニスは成長を続けたり、頻繁な性行為により自然と戦闘力を高めるような発展を遂げることがあります。
この点においても包茎は、一番ペニスが成長する就寝時に皮が覆い被り、成長を妨げてしまう逆効果があります。

包茎の人の共通点にもなっているのが、ペニス短小の悩みです。
皮が大きいだけで実際にはペニスサイズは並より大きいというパターンもありますが、大多数はペニスが小さい事が包茎の一因になっています。

大人になってからでも包茎手術後にペニスや亀頭部分が大きくなった!という報告談が多いのは、普段大きくなろうとしているペニスを邪魔する皮がなくなり、成長しやすい環境に変わるためです。
軽度の仮性包茎だとしても、短小に悩んでいるようならズル剝けにし、ペニス成長を手助けしてみてはどうでしょうか。

男としての威厳

世間では「包茎=恥ずかしいモノ」と浸透していて、ズル剥けの立派なペニスを持つ男性は同性からも女性からも好印象を抱かれます。
思春期なら包茎が原因でイジメに発展することもありますし、大人になってからでも包茎をネタに弄られる事は尽きません。

また、女性から見ても包茎は決して好印象をもちません。
一度肉体関係を持っても包茎が原因で継続を絶たれたり、女性側も満足度の低いセックスに嫌気がさしてしまうこともあります。